駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー オーキッドシード謹製「To Heart2 柚原このみ ゴスロリver」 

ワンピース NEO-DX ボア・ハンコック」の再販がかかったようです。
再販については予想通りでしたが、思いの外対応が早く、少し意外でした。
商機を逃がさないため、早めに動いたのかもしれません。
ともあれ、このチャンスを逃すわけにはいかないので、アナウンス開始にあわせてあみあみで予約。
再販ということで瞬殺はないと踏んでいましたが、予想に反しあみあみの昼の部では早々と売り切れてしまったようです。
夜の部で再び復活したようですが、この調子だと案外早く予約停止になりそうなので、欲しい人は早めに予約しておいた方が良さそうです。
まあ、予約を逃してもヤフオクに初販分が結構な数売りに出されているので、そちらから入手することもできますが、色んな意味で強気な値段設定なので、再販分を予約した方が安く済み賢明かと思います。
ただ、再販分が初販と同一仕様でない可能性もなきにしもあらずで、どちらで買うのが良いのかは再販商品が届いてからでないと分かりませんが。
発売日は来年の1月ということなので、届いたらまたレビュー記事をアップしていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日はオーキッドシードの「To Heart2 柚原このみ ゴスロリver」を紹介していきます。
まず、パッケージを紹介。

       柚原このみパッケージ

最近のオーキッドシードらしく小さなパッケージです。
置き場がなくなりつつある身には有り難いサイズですが、何故だか少し損した気分になります。
ブリスターがこちら。

       柚原このみブリスター

こちらもコンパクト設計。
で、本体。

       柚原このみ全景

ゴスロリという名前に相応しく、ロリ成分が多めに仕上がっています。
ちなみに、台座と本体、それからバッグは固定されていないので、好みに応じてレイアウトすることが可能です。
続いて、八方向のショット。

       柚原このみ正面

       柚原このみ左正面

       柚原このみ左

       柚原このみ左後ろ

       柚原このみ後ろ

       柚原このみ右後ろ

       柚原このみ右

       柚原このみ右正面

どの方向から見ても隙はありませんが、モノトーンということもあって、ちょっと単調な印象が拭えません。
カラーリングとしてはあまロリverの方が良いような気がします。
鞄がこちら。

       柚原このみ鞄

表面の印刷も綺麗なもので、結構しっかりと作られてます。
次に、顔を紹介。

       柚原このみ顔左

       柚原このみ顔正面

       柚原このみ顔右

アイプリはちょっと粗めですが、このへんはオーキッドシード品質。
視線のせいで顔の角度がちょっと限定される感じです。
お約束でキャストオフできるので、まずスカートを脱がした姿を紹介。

       柚原このみドロワーズ

       柚原このみドロワーズ後ろ

ドロワーズ姿で背徳感アップ。
ロリ属性も一気に増します。
で、全部脱がすとこんな感じ。

       柚原このみキャストオフ姿

       柚原このみキャストオフ姿後ろ

詐欺です。
思いっきり詐欺です。
製品版サンプルと異なり、腕のパーツが違い、首のフリルと服の一部が残ってしまいます。
・・・というのは全くの勘違いで、上げ底の下に腕の別パーツが隠されていて、それを使うとサンプル通りになります。
それが、こちら。

       柚原このみ真キャストオフ姿

       柚原このみ真キャストオフ姿後ろ

パンツ姿は色んな意味でデンジャラス。
小さな胸が幼さを否が応でも強調し、名に恥じぬロリキャラです。
そのバストアップがこちら。

       柚原このむキャストオフバストアップ

小学生といった感じで、何というか破壊力抜群です。
造形と塗装もきちんと施されていますが、色は少し薄めで、肌の色と見分けがつきづらいのが少し難。
最後に、サイズの比較写真を紹介。

柚原このみとタバコ

嫌われ者のタバコですが、こういうとき役に立ちます。
ただ、タバコを吸わない人が多くなったので比較対象としてはわかりにくいかもしれません。
なので、同じオーキッドシード製のダメリと比較。

このみ&ダメリ

ダメリより一回り大きいぐらいでちょっと小さめです。

最初、腕の差し替えパーツがあることには気づかず、ダメリみたく地雷を踏んでしまったと勘違いしてましたが、差し替えパーツを発見したことで評価が変わりました。
今では一軍としてコレクションケースの中で大切に飾ってます。
このフィギュアは、フィギュア自体の造形もさることながら、衣装の組み合わせの幅が多いことが一番の特徴です。
色んな姿で飾ることができるのはやはり良いものです。
ただ、個体差かもしれませんが、ドロワーズの留め具が折れやすいようで、脱がそうとしたときにあっけなく一本折れてしまったので、取り扱いには注意が必要かと思います。
僅少ですがあみあみに残っているようなので、ロリ属性があれば買っても悪くないフィギュアかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューをしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/258-0d06c8f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。