駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー メガハウス謹製「クイーンズブレイドリベリオン 対魔師ターニャン」 

時間もネタもないので、さっくりとフィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは、メガハウスの「クイーンズブレイドリベリオン 対魔師ターニャン」です。
まず、パッケージ。

       ターニャンパッケージ

オープンウィンドウで、中華風のデザインとなっています。
箱はいつもよりちょっと小さめ。
で、フィギュア本体。

       ターニャン全景

メガハウスの十八番となるキャストオフ仕様になっていますが、キャストオフできるとは思えぬ程衣装がぴったりとしています。
このへんは流石メガハウスといったところ。
八方向からのショットがこちら。

       ターニャン正面

       ターニャン左正面

       ターニャン左

       ターニャン左後ろ

       ターニャン後ろ

       ターニャン右後ろ

       ターニャン右

       ターニャン右正面

夏場が心配になるフラミンゴ立ちですが、どの角度から見てもポージングに破綻はなく、造形も細部まで造り込まれています。
メタリックに輝くチャイナ服風の衣装も躍動感が上手く表現されていて高評価。
続いて、バストアップ。

       ターニャンバストアップ

顔の造形も及第点の仕上がり。
髪の毛が若干だるい気がしますが、目を瞑れる範囲内です。
キャストオフ仕様ということで、上着を脱がした姿を紹介。

      ターニャン上着キャストオフ

両袖がなくなったせいでちょっと軽やかなイメージになりました。
袖がないと余計に体と服の密着感が際立ちます。
細部を少し紹介。

      ターニャン脇

      ターニャンスリット

接写すると流石に分割ラインが目立ちますが、遠目で見る限りには気にならないレベルで、他社のそれと比べれば段違いのレベルです。

      ターニャン髪飾り

頭の髪飾りも手を抜かず、きちんと一枚ずつ花弁を作っていて、立体感を上手く表現していました。
こういった細かい所も手を抜かない姿勢は評価できます。
全部脱がすとこんな感じになります。

      ターニャンキャストオフ

変に着痩せせず極めて自然な感じに仕上がっています。
引き締まった裸体が上手く現されていて、さすがメガハウスクオリティです。
ちなみに、胸の造形や塗装もきちんと施されています。
で、パンツ。

      パンツ正面

      パンツ後ろ

黄色の箇所が遠目で見ると汚れと見間違えてしまいますが、黄色をあしらったデザインのパンツになっていました。
芸が細かく悪くありませんが、このへんは普通のレース調の下着の方が良かったような気がします。

このフィギュアはより進化したメガハウスのキャストオフ機能を堪能できる一品です。
今までのメガハウスは、薄さを追求するあまり、衣装が着せづらいという難点がありましたが、今回は接続パーツを改善することで見事その難点を克服した感じです。
この技術をさらに磨き、より自然なキャストオフギミックを是非開発して欲しいところです。
また、キャストオフ機能だけでなく、造形自体も細かいところまで手を抜かず作られていて、なかなか秀逸な出来に仕上がっているので、買って損のないフィギュアかと思います。
毎度のごとく大量に売れ残っているようなので、投げ売りを待って買うのも手かもしれませんが。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューをしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/257-f64d6e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。