駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 近鉄内部・八王子線編第10回目 内部駅 

我が家のカージナルテトラは、あまりに臆病すぎて、ほとんど姿を見せてくれないので、数を増やして賑やかにすべく一路ショップへ。
が、人気があるのかあるいはたまたまなのか、お目当てのカージナルテトラは見事に完売。
どうしたものかと他の熱帯魚を物色してたところ、似たような見た目のグリーンネオンテトラを発見。
サイズ的にはカージナルテトラよりも一回りか二回りほど小さいですが、混ざって泳いでいても違和感なさそうな感じだったので、予定を変更してこちらを購入することに。
5匹で500円という安さも決め手の一つとなりました。
水温あわせをして早速水槽へ投入しましたが、グリーンネオンテトラに刺激されてか、あまり前に出てこなかったカージナルテトラも前に出てくるようになり、少しだけ見た目が華やかになりました。
思わぬ効果で買って正解でした。
ただ、一つ気がかりなのが水質。
今までの生育数は水槽のサイズを考えると理想的なものでしたが、今回の導入で個体数がほぼ倍になり、おかげで一気に水質管理がシビアになりました。
我ながら迂闊だったと思わないでもないですが、買ってしまった以上、死なせないよう水質管理をしていくよりほかなさそうです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は終着駅となる「内部駅」を紹介していきます。
駅舎があったので最初に駅舎を紹介。

内部駅駅舎

この駅は民家風というか公民館風の駅舎で、駅舎らしさはあんまり感じられない造りです。
駅舎の中はこんな感じ。

内部駅駅舎内

この駅は、終着駅ということで有人駅となっていました。
今までの駅では塞がれていた窓口もこの駅ではきちんと開かれていて、改札設備とあいまって駅らしさが引き立って見えます。
やはり改札設備がある駅には駅員さんは必須です。
ホームから見た駅舎がこちら。

内部駅ホームからの眺め

庇は古レールを柱に流用した物で、なかなか味わい深い造りの物です。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、内部方面。

内部駅ホーム内部方面

次に、近鉄四日市方面。

内部駅ホーム近鉄四日市方面

1面1線の単式ホームですが、行った時間帯が悪かったのか、ホームには電車が常駐してて全景を綺麗に撮ることができませんでした。
やはり、電車は駅撮影の強敵です。
内部線の終着駅ということで、線路のどん詰まりを紹介。

内部駅線路どん詰まり

普通の駅ではだいたい駅舎のすぐ側に終点が設けられていますが、この駅では線路がやたらと長く延びていて、目測で100メートルほどありました。
最後に駅名表示札を紹介。

内部駅駅名表示札

デザイン自体はデフォとなるものですが、終着駅ということで左側は空欄となっていました。
ちなみに、この駅に隣接して車庫があったのでそちらも紹介しときます。

内部駅内部車庫

この車庫では検査なんかも行っているらしく、車庫内には整備用のピットや道具類が散見されました。

この駅は終着駅ということもあり、駅の設備もそれらしい雰囲気を醸し出していましたが、駅舎が平凡というか没個性的というかイマイチだったのが残念でした。
また、民家と病院に周りを固められているせいで、思いの外目立たず、見つけるのが案外大変というのも難でした。
駅舎こそ残念でしたが、併設した車庫がなかなか興味深いので、車庫目当てに訪れるには悪くない駅かと思います。

今回で近鉄内部・八王子線は終わりとなりますが、他の路線よりも駅舎は残念なものが多く、駅舎目当てで訪れるのにはちょっと面白味に欠ける路線でした。
ただ、特殊狭軌ということで、走ってる電車は見慣れたそれとだいぶ異なり、なかなか新鮮なので電車目当てに訪れるには良い路線かと思います。

ということで、今日はここまで。
土曜にフィギュアが届いたので、次回からは3回に分けてフィギュアレビューを行っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/256-47279a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。