駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 近鉄内部・八王子線編第6回目 南日永駅 

今期観てたアニメ七作品がひとまず全部終了したので、各アニメの感想を少し書いていきます。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
 ご都合主義が鼻につきいささかげんなりさせられましたが、エロ描写を除けばゾンビ物としてはある意味王道的なストーリー展開で、悪くない出来に仕上がっていました。
世紀末オカルト学院
 全体的に良い流れでストーリーが展開してましたが、ラストス数話で若干失速してしまったのが残念。ただ、最終話で何とか持ち直し、最後の最後で良い具合にまとまった作品でした。
けいおん!!
 中身がないのは相変わらずですが、受験生でこれはないだろうという感じで、最後まで共感できずじまい。唯が浪人生になればある意味リアルだったかもしれません。
ストライクウィッチーズ2
 ズボンという名のパンツを心ゆくまで愛でるアニメなので、色んな意味でそれ以上でも以下でもありませんでした。
オオカミさんと七人の仲間たち
 主人公が今流行のヘタレで、それが不自然すぎてアウト。中身についても深みはなく、ラストの締め方もいまいち。これがラノベの限界だよねと思わせられました。
戦国BASARA弐
 腐女子向けの作品だということはひしひしと伝わってきましたが、キャラが好きになれないまま終了。ストーリー展開が強引かつご都合主義的で全体として残念なできでした。
あそびにいくヨ!
 ハーレム系でしたが、ストーリー展開に破綻がなかく、この点は評価できる作品でした。ご多分に漏れず中身は無いので、良い意味でも悪い意味でもラノベだよねという感じでした。

今期のほとんどの作品は、中身がカスカスなうえに、その設定どうよという感じのものが目に付き、最後まで面白く観れたものは世紀末オカルト学院ぐらいでした。
まあ、尺が短すぎて話を深く掘り下げられないという問題もあるので、ある意味では仕方がないような気もしますが。
秋からの新作には期待したいところです。

さて、前置きが長くなりましたが駅舎訪問をはじめていきます。
今日は日永駅の内部線での次の駅となる「南日永駅」を紹介していきます。
この駅にも駅舎があったので、最初に駅舎を紹介。

南日永駅駅舎

半ば腐りかけていますが、周りの風景に違和感なく溶け込んでいます。
バリアフリーを意識したのか、あるいはただ単に安く済むからそうしただけなのかわかりませんが、駅舎の入口から道路まではスロープが伸びていました。
このスロープの幅は狭いので、いっそのこと全面スロープにすれば良いのにと思わないでもないです。
駅舎の中はこんな感じ。

南日永駅駅舎内部

内部はかなり荒んでいますが、ここも昔は有人駅だったようで、改札設備がきちんと設けられていました。
ただ、今では窓口は封鎖され無人駅となっており、入って左手に置かれた自動券売機で乗車券を購入するようになっていました。
ホームからみた改札口がこちら。

南日永駅改札口

庇の柱として古レールが使われていて、なかなかに味わいがあります。
出口と掲げられたプレートも、古びた駅舎に非常にマッチしていて悪くありません。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、内部方面。

南日永駅ホーム内部方面

次に、近鉄四日市方面。

南日永駅ホーム近鉄四日市方面

1面1線の単式ホームですが、ホーム幅はそこそこありちょっと大きめです。
ホームから見ると駅舎が案外大きいことがわかります。
この感じからすると、昔は駅前ももう少し立派だったのかもしれません。
土地を切り売りしてしまったため、今のような格好になってしまったものと思われます。
最後に駅名表示札を紹介。

南日永駅駅名表示札

近鉄内部・八王子線でデフォとなるものでした。

この駅は、民家の間に埋もれるような格好で建ち、周囲の風景に上手く溶け込んでしまっているので、すぐにそれとは気づきません。
何度か往復してようやく発見したぐらいなので、地元の人間以外には非常にわかりにくいかと思います。
ただ、駅舎が良い塩梅に腐っていて、なかなかに味わいがある駅です。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「泊駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/252-fef3584e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。