駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 近鉄内部・八王子線編第3回目 日永駅~1番線ホーム~ 

水槽を立ち上げてからやっと1週間が経過。
思いの外待つのが大変でしたが、これでようやく我が家に熱帯魚を導入することができるようになりました。
ただ、まだ水が完全には出来上がってない状態なので、今回導入する熱帯魚は丈夫さを主眼にして、予定通りカージナル・テトラをチョイス。
群泳を楽しむため30匹ほど買いたかったところですが、水槽が小さすぎるのでグッとこらえ5匹で我慢。熱帯魚は1cm=1Lが一つの目安のようなので、10Lしか容積のない我が家の水槽ではこれが限界でした。
ただ、それだけではいかにも寂しかったので、安さに惹かれてコリドラス・パンダを一匹だけオマケで購入。
早速、水慣らしをして水槽に投入しましたが、ことごとく水草の中に逃げ込んでしまい、何というかアウト。
かなり臆病な魚のようで、徐々に慣らしていくより他なさそうですが、飼う魚を間違えたような気がしないでもないです。
とはいえ、熱帯魚が入ったことで、水槽にも活気が出たので、それだけでも良しとします。

さて、駅舎訪問を始めていきます。
今日は赤堀駅の次の駅となる「日永駅」を紹介していきます。
この駅には駅舎があったので、最初に駅舎を紹介。

日長駅駅舎

田舎の公民館のような造りのものです。
駅前はそれほど広くなく、自転車が結構転がっていたので、ちょっと雑然とした雰囲気が漂っていました。
駅舎の中はこんな感じ。

日永駅駅舎内

昔は有人駅だったことを示すように、改札の設備がありましたが、今は完全な無人駅となっていて昔の窓口は完全に塞がれていました。
ただ、自動券売機が置かれているので、切符は買えるようにはなっています。
この駅は、3番線までホームがありますが、今回は1番線ホームの眺めを紹介していきます。
まず、内部方面。

日永駅1番線ホーム内部方面

次に、近鉄四日市方面。

日永駅1番線ホーム近鉄四日市方面

この駅は、内部線と八王子線とが別れる駅ということで、単式ホームと変形型の島式ホームからなる2面3線の造りとなっていました。
ちなみに、この1番線ホームは内部線の内部方面行き乗り場となっています。
ホーム上の待合所がこちら。

内部駅1番線ホーム待合所

カラーリングは何というか個性的なものですが、古レールを使ったもので、昔から使われてるものと思われます。
続いて、このホームの駅名表示札を紹介。

日永駅1番線ホーム駅名表示札

デザイン自体は標準となるものですが、内部線であるにも関わらず八王子線の駅名が行き先に表記されていました。
経費節減のためと思われますが、ちょっといただけません。
最後に、このホームの全景を紹介。

日永駅1番線ホーム全景

待合所が一際異彩を放って見えます。

ということで、今日はここまで。
次回は2番線・3番線ホームを紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/249-d55f749a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。