駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮福線第8回目 大江高校前駅 

あみあみの夜の部で受付を開始した「屈曲角の悪魔:ディアボルス・インクリナタス」を予約。
今まで聞いたことのないメーカーだったので、予約した後に念のためググってみたら、前にペンギンパレード名で曹操を出したメーカーということが判明。
ペンギンパレードの曹操といえば、顔の劣化のせいで大型匿名掲示板なんかで叩かれまくってた曰く付きのフィギュア。
今回のフィギュアは、顔の造形が気に入ったので予約したのですが、色んな意味で少し早まってしまったかもしれません。
まあ、あみあみでキャンセルする勇気もないチキンなので、劣化しないことを祈りながら待つより他なく、今さらあれなんですが。
このフィギュアは12月発売ということなので、届いたらまたレビュー記事をアップします。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は二俣駅の次の駅「大江高校前駅」を紹介していきます。
最初に駅の全景を紹介。

大江高校前駅全景

こちらは正真正銘の高架駅で、高架橋の上に駅が設けられていました。
この駅には、ホームの転落防止用の柵に駅名看板がいちおう掛かっていましたが、小さい上に両端が捲れ上がっているので、地上から駅名を読み取るのはほぼ無理です。
ただ、この高架橋はかなり目立つので、駅名看板が見えなくとも迷うことはありません。
で、駅の入口がこちら。

大江高校前駅入口

入口に駅名看板はなく、ホームへ上がるための階段が無造作に伸びてるだけでした。
高架橋の下ということもあり景色は殺風景なもので、見所はほとんどありません。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、福知山方面。

大江高校前駅ホーム福知山方面

次に、宮津方面。

大江高校前駅ホーム宮津方面

1面1線の単式ホームで、ホームは緩やかなカーブを描いていました。
地上からかなり高い位置にあるので、見晴らしはなかなか良いです。
宮津方面は山がすぐ側に迫っているということもあり今ひとつな眺めですが、福知山方面は視界が開けているので晴れた日にはかなり景色が良さそうな感じです。
この駅の待合所がこちら。

大江高校前駅ホーム待合所

二俣駅に置かれてたのと同じ造りですが、待合所には先客がいました。
宮津駅以来初めて遭遇する乗客で、ちょっと新鮮でした。
休日の昼間と言うことで利用客が少ない時間帯のせいもあるのでしょうが、宮福線は他のローカル線なんかと比べると利用客がかなり少ないような気がします。
この駅の最後の〆として駅名表示札を紹介。

大江高校前駅ホーム駅名表示札

北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるもので、同じ物が2枚、待合所を挟むようにして置かれていました。

この駅は、高架線がデフォとなっている宮福線の中にあっても、標高が高い部類に入る駅かと思います。
お陰で眺めは抜群で、かなり見晴らしはよいです。
ただ、その裏返しとして階段がうんざりするほど長く、これがかなりマイナスです。
高校生ぐらいの若者ならどうってことないでしょうが、足腰の悪い老人には階段を登るだけで一苦労する感じで、もう少しバリアフリーに気を配っても良さそうな気もします。

ということで、今日はここまで。
明日、メガハウスのシギィが届くので、間に合えば次回はフィギュアレビューになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/227-924b4ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。