駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮福線第5回目 辛皮駅 

メガハウスの「ボア・ハンコック」がキャストオフでき、かつしかるべき場所にきちんと塗装がなされてたとのこと。
ワンピースに興味がなかったので予約段階では完全にスルーしてましたが、この情報のせいで俄然気になり、色んなネットショップを探し回りましたが時既に遅くどこも軒並み完売御礼。
考えることはどうもみんな同じみたいです。
それにしても、今回のギミックについては、何というか思い切ったことしたなというのが率直な感想です。
既に終了してますが「ToLOVEる-とらぶる-」みたいなソフトエロ漫画ならわからないでもないですが、ワンピースはジャンプの中でも王道路線の少年漫画なので。
ただ、今回のキャラはワンピースの中でもそういう位置づけにあるので、キャストオフ機能を付けても作品に悪影響を与えないと判断されたのかもしれません。
何にせよ色んな意味でグッジョブといったところです。
今すぐに欲しいというほどのものではないので、再販されるのを大人しく待つことにしますが、同時に発売されたメガハウスのシギィがだだ余りなのが不憫でなりません。
エロ造形ならシギィの方が過激なんですけどね。
脊髄反射で予約した身としては、色んな意味で切ないですが、メガハウスのクイーンズブレイドが投げ売られるのは今に始まったことではないので、恒例行事だと思って諦めるより他ありません。
評判がすこぶる悪いシギィですが、今週末には我が家に届く予定なので、届いたらまたアップしていきます。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は喜多駅の次の駅となる「辛皮駅」を紹介していきます。
最初に駅の全景を紹介。

辛皮駅全景

わかりづらいですが、土手の上に見える二つの小屋が駅となります。
駅の入口に車を乗り付けることはできず、麓に設けられた専用駐車場に車を停め、そこから徒歩で向かう格好になっていました。
歩く距離は二百メートル程度で、それほど長い距離歩かなくても済みますが、緩やかながら坂道が続くので、少しだけですが疲れます。
駅の入口がこちら。

辛皮駅正面入口

前の二駅と似た造りになってますが、規模的にはかなり小さく、飾りとして申し訳程度に付けたような感じです。
こちらは正面入口ですが、裏口もあったので、ついでにそちらも紹介しときます。

辛皮駅裏口

人が一人通れるほどの幅しかない小道が、宮津方面のホームの端に向かって伸びてました。
こちら側はあんまり利用する人がいないのか、駅へと続く小道はすっかり苔むしていて、かなり滑りやすく、歩くのがちょっと怖い感じでした。
こちらの入口は、正面入口と異なり案内表示があるわけでもなく、周囲の風景にすっかり同化してしまっているので、駅の外から見つけるのはかなり困難で、地元で暮らす人の専用入口といった感じです。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、福知山方面。

辛皮駅ホーム福知山方面

次に、宮津方面。

辛皮駅ホーム宮津方面

1面1線の単式ホームで、山の斜面を切り開いて造られたような感じです。
高い位置にホームはありますが、目隠しのように林がホームの正面に広がってるので、ホームに立っても高さを感じることはありません。
林がなければ見渡しも良さそうなので、少し残念な感じです。
この駅の待合所がこちら。

辛皮駅待合所

造りは今までの駅のそれと似た感じですが、造りが少し異なっていて、小部屋と吹きさらしの部分に分かれていました。
吹きさらしの部分を造った理由は不明ですが、夏なんかだと吹き抜けの所で涼を求めれそうな感じではあります。
この駅の〆として駅名表示札を紹介。

辛皮駅駅名表示札

北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるもので、同じ物が二枚置かれていました。
最後に、宮津方面行きの気動車を撮影できたので、そちらを紹介。

辛皮駅気動車

正面入口付近からの撮影となりますが、ローアングルから煽るように撮影することができ、なかなか良い撮影ポイントです。

この駅はそのロケーションが北近畿タンゴ鉄道の中でも群を抜いて凄かったです。
道幅が狭くうねうねと曲がりくねった林道をひたすら走った先に駅がぽつんとあり、ある意味で秘境駅と呼ぶに相応しいロケーションでした。
駅の付近には民家が数件ほどありましたが、人がいないと思うほど静かで、何だか別世界に迷い込んだような錯覚すら覚えました。
行くのには難儀しますが、のんびりとするのには最適な駅なので、一度訪れてみるのも良いかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「大江山口内宮駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/224-1bc05532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。