駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮福線第4回目 喜多駅 

ネタがないのでさっくりと駅舎訪問をはじめます。
今日は宮村駅の次の駅となる「喜多駅」を紹介していきます。
まず、駅の全景を紹介。

喜多駅全景

宮村駅と同じく高架駅で、デジャビュを感じる眺めです。
ただ、宮村駅よりもホームへ伸びる階段は長く、高さも結構あります。
宮村駅から喜多駅までの営業キロ数が1.6kmとのことなので、その間にじわじわと勾配を上げてきたようです。
駅の造りは似てますが、自転車置き場を完備し、その隅にはきちんとトイレも置かれていて、こちらの方が若干親切設計になってす。
ただ、記憶が確かならトイレは汲み取り式だったので、慣れてない人にはちょっと使いづらいかもしれません。
ちなみに、別角度から駅を見るとこんな感じ。

喜多駅全景その2

駅の入口とホームの間に道路が走っていました。
ホーム寄りに造れば多少なりとも距離が短くなるのにと思わないでもないですが、道路を潰すわけにもいかず、やむをえずこういう造りにしたのかもしれません。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、福知山方面。

喜多駅ホーム福知山方面

次に、宮津方面。

喜多駅ホーム宮津方面

この駅は1面1線の単式ホームで、ホームは緩やかなカーブを描き、そこそこ長いものでした。
山がすぐ側まで迫っているせいで、山側に向かって立っている分にはほとんど高さを感じませんが、山を背にして立つと田園風景が目の前に広がり、駅の高さを実感することができます。
で、ホームの待合所がこちら。

喜多駅待合所

宮村駅のそれと瓜二つな造りです。
待合所自体は趣も何もないものではありますが、無機質な駅の雰囲気には良く似合っていて、そんなに悪いものではありません。
この駅の〆として駅名表示札を紹介。

喜多駅駅名表示札

北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるデザインのものです。
この駅には待合所を挟んで同じ物が二枚立てられてましたが、駅の広さなんかを考えると一枚でも十分な気がします。
まあ、何らかのポリシーでこうしているのかもしれないので、あれですが。
最後に、宮津方面から姿を見せた気動車を紹介。

喜多駅気動車重連

タンゴブルーも目に鮮やかな気動車です。
この気動車は宮津線でも見かけた物ですが、宮津線を走るときと宮福線を走るときでは運用方法が異なるようで、こちらでは重連で走ってきました。
単機でとことこ走る姿もよかったですが、重連で走る姿もなかなか様になります。

この駅は、その構造や造りなんかが宮村駅のそれとほぼ同じで、同時期に造られた駅のような感じです。
駅自体は国鉄時代の物と比べようもないほど新しく、それゆえ見所は少ないですが、緑豊かな地にある高架駅ということで、駅から見渡せる景色は都会のそれと比べるとずっと良いです。
行った時期が冬だったので少しもの悲しい雰囲気が漂ってましたが、新緑の季節や紅葉の時期なんかだと綺麗な景色が楽しめそうな気がします。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「辛皮駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/223-627709c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。