駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第27回目 久美浜駅~後編~ 

コンテナコレクションのシークレットで検索して来られる方がそこそこいらっしゃったので、とりあえずコンデジでやっつけで撮った写真をアップしときます。

コンテナコレクションvol.3シークレット40フィート

40フィートコンテナのシクレはこんな感じ。
自分ところで売ってるフィギュアの広告をプリントしたもので、色んな意味でどうよといった気がする一品です。
イベントとかでタダで配る物なら問題ないですが、自社製品の広告をプリントしたものをシークレット扱いで売るのはちといただけません。
隠れキャラだったら有り難みが増したのですが、これではいかにもアレで、少しがっかりしました。
手元にあるのはこの40フィートのみで、10フィートのはないのでどんなのか不明ですが、これを見る限り似たような感じなのかもしれません。
まあ、ある意味で商売上手ともいえますが。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
昨日に引き続き久美浜駅となりますが、今日は2番線・3番線ホームを紹介していきます。
最初に、1番線と2番線・3番線ホームを結ぶ跨線橋を紹介。

久美浜駅跨線橋

1番線ホームと2番線・3番線ホームとでは入口の向きが逆になってました。
通常はコの字型というか同じ向きに入口が並ぶ格好が多いので、ちょっと変わった感じです。
スペース的にはコの字型でも問題ない広さがあり、この格好にする理由もないような気がしますが、色んな大人の事情があったのかもしれません。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

久美浜駅2番線・3番線ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

久美浜駅2番線・3番線ホーム豊岡方面

このホームは、両端とも2番線ホームの方が3番線ホームよりも長く伸びていて、切り欠き形になってました。
長く延びた端はいずれも後付けで増設したものらしく、コンクリートの板を桁にのっけただけのシンプルというか味わいも何もない代物です。
この造りから見てメインは2番線ホームと思われますが、3番線ホームも一応使われているようで、レールの表面は銀色に鈍く輝いていました。
こちらのホームから駅舎を見るとこんな感じ。

久美浜駅駅舎裏手

駅舎が大きいせいか、いつもなら邪魔物となる庇もたいして気にならず、黒光りする瓦屋根がなかなか迫力がありました。
こちら側から見るとお寺の本堂に見えなくもない感じですが、それはそれで悪くありません。
このホームの〆として駅名表示札を紹介。

久美浜駅2番線・3番線ホーム駅名表示札

西舞鶴方面の端の方にある待合所に掲げられたもので、今までの物と趣を異にしますが、個人的にはこちらの方がシンプルで好みです。
特に手書きらしい行き先を記載した駅名が味があり良い感じです。
北近畿タンゴ鉄道でデフォとなる駅名表示札も別個ありましたが、撮影していなかったのでこちらは割愛。
ちなみに、この駅の豊岡方面の端っこに車両庫があったので、ついでに紹介しときます。

久美浜駅車両庫

車両庫に眠っていたのは除雪車で、見慣れたタイプの物で、後部にはロータリー除雪装置が装備されてるものと思われます。
この路線は日本海側にあると言うことで、この除雪車も冬には大活躍しそうな感じです。

この駅は何よりも駅舎が立派でかなり良かったです。
駅に比べて立派すぎるきらいもありますが、大は小を兼ねるということで目を瞑れる範囲です。
駅舎以外はどうかと問われれば少し微妙なところもありますが、車両庫や待合所なんかも備えられていて、北近畿タンゴ鉄道宮津線の他の駅と比べても見劣りはしません。
ただ、待合所がいかにも素っ気なかったので、丹後由良駅にあったようなものであればなお良かったところです。
ともあれ、駅舎は一見の価値はあるかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「丹波三江駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/216-349c3b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。