駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第18回目 峰山駅~前編~ 

あみこグッズをつい出来心で購入。
今年のワンフェスで販売された「あみこマイクロファイバータオル」と「りるこマイクロファイバータオル」、それからワンフェスでは無料配布されてた「あみこビッグトートバッグ」の三点で、しめて1,300円。
高いか安いか問われれば微妙なところ。
ただ、ヲタクということを隠して生きている身としては、届いた物を見てにやにやするぐらいしか術がなく、お金をドブに捨てたような気がしないでもないです。
悟りを開きさえすれば、汗を拭うフェイスタオルとして、あるいは嵩張る荷物を運ぶための携帯バックとして、思いっきり使い倒して元を取ることもできるのでしょうが。
この三つのグッズは発売日が同じなので、まとめ発送が可能ですが、それでも送料と振り込み手数料なんかで千円近くかかるので少し注意が必要です。
8月下旬に発売されるらしいので、届くのを待ってゆっくりと使い道を考えることにします。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は丹後大宮駅の次の駅となる「峰山駅」を紹介していきます。
最初に駅の全景を紹介。

峰山駅駅舎全景西口

この駅は北近畿タンゴ鉄道では珍しい橋上駅となっていて、こちらはその西口の様子です。
相変わらずというか何というか微妙なセンスがきらりと光ってます。
もう少し普通なデザインにしておけば、周りの景色にも馴染んで良くなるのに、ちょっと残念です。
ここまでくると、わざと残念な感じに仕上げている気がしてなりませんが、実際のところはただ単に中の人のセンスが悪いだけなのでしょう。
駅舎の中はこんな感じ。

峰山駅駅舎内その1

通路のほぼ中央が改札口となっていて、西口寄りに自動券売機が置かれていました。
この角を左に曲がった先が改札口となります。
それがこちら。

峰山駅駅舎内その2

単に柵があるだけのイマイチな感じのものです。
この駅は、1番ホームと2番・3番ホームとわかれてるので、今日は1番ホームの眺めを紹介していきます。
まず、西舞鶴方面。

峰山駅1番線ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

峰山駅1番線ホーム豊岡方面

橋上駅が遠目でもその存在感を強く主張しています。
その姿形は出来の悪いロボットのようにも見えかなり残念な感じです。
駅の構内は2面3線で単式ホームと島式ホームとで構成されてますが、1番線の脇には側線が走っていて結構広めな感じです。
眺め的には橋上駅のせいで、どちらも酷く残念な感じになってしまってますが、まだ西舞鶴方面を眺めた方が駅の存在感が薄れ良いような感じがします。
このホームにも北近畿タンゴ鉄道でデフォとなる駅名表示札がありましたが、残念ながら撮り漏れてたので割愛します。

ということで、今日はここまで。
次回は2番線・3番線ホームを紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/204-5abb3756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。