駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第10回目 栗田駅~後編~ 

ワンフェスでサンプル展示されてたアルファオメガの「フレッシュプリキュア! イース」が、早くも予約を開始したようです。
あみあみで見つけ、散々悩んだ挙げ句、思い切って予約しました。
このフィギュアは、キャストオフ仕様ではないので、本来なら購入対象外ですが、イースは思い入れのあるキャラだったので、禁を破って購入することにしました。
これが2010冬のワンフェスで売られてたような18禁イースだったら、悩むまでもなく速攻で予約してたところです。
まあ、少女向けアニメのキャラなので、間違っても版元が商業流通を認めるハズもなく、あれですが。
今回のイースは、サンプルを見る限り細かな所までよく造られていて、決定版といった感じの出来です。
この造形の良さがなければ、いかにイース好きの身とは言え、購入は見送っていました。
剥けず、造形も悪いとなれば、買う理由はないですから。
イースの発売は12月ということなので、届いたらまたレビューをアップしていきます。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
昨日に引き続き栗田駅となりますが、今日は二番線ホームを紹介していきます。
跨線橋から駅構内を見下ろした風景をまず紹介。

栗田駅跨線橋からの眺め

駅舎本体のデザインはあれですが、上から見る限り駅舎も待合所も瓦葺き屋根ということで、なかなかに見栄えのよい感じです。
やはり日本の駅には瓦が似合う気がします。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

栗田駅2番線ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

栗田駅2番線ホーム豊岡方面

西舞鶴方面を眺めると跨線橋や待合所があるのでそれほど長く感じませんが、豊岡方面から見ると視界に入る物も少なくホームの長さを実感できます。
配置がずれているせいで、1番線では端に位置してた跨線橋が2番線ではちょうどホームの真ん中あたりにきてしまい、ちょっとアンバランスな感じがします。
ちなみに、1番線ホームの右手に別な線路が見えますが、こちらは留置線のようですが使われている気配はありません。
ホーム上に待合所があったので、ついでにこちらも紹介。
1番線ホームから眺めるとこんな感じ。

栗田駅2番線ホーム待合所全景

で、近づくとこんな感じ。

栗田駅2番線ホーム待合所近景

造りは丹後由良駅の待合所と同じものですが、跨線橋と同系色となる鶯色の塗装が目を惹き、丹後由良駅のそれよりもグッと雰囲気がよくなってます。
塗装が剥げてしまっているのが残念といえば残念ですが、これはこれで味わいがあり悪くはありません。
この待合所はなかかなの代物です。
最後にこのホームの駅名表示札を紹介して〆ます。

栗田駅駅名表示札

北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるデザインのもので、目新しさはありません。

この駅は、駅舎さえ木造のものであれば文句のない駅でした。
駅舎は古い物を取り壊し建てたものと思われますが、旧駅舎に必要最小限の改修を行い、そのまま使い続けておいた方が良かったような気がします。
ただ、デザイナーに駅舎をデザインさせるといかに残念な物に仕上がるのかを知るには、良い駅かとは思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「宮津駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/194-971ff3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。