駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち Fate/stay night セイバー(カリバーン)」 

ワルプルギスの夜(18禁サイト閲覧注意)」が届きました。
こちらは、サークル希有馬屋さんの18禁同人誌。
土曜日に頼んだのに今日届くとは虎の穴も随分と仕事が早いです。
この本は、Fate/stay nightを元ネタにしたもので、現在4巻まで出てるシリーズの栄えある第1作目となります。
このシリーズは鬼畜系のストーリーを主軸に据えてて、個人的には読んでて楽しい作品ではないです。
そんな本をどうして買ったのかといえば、サークル希有馬屋さんのフィギュアを漁ってた時に、興味本位で2巻から4巻までまとめ買いしてしまっていたから。
フィギュアに限らず、手に入らない物があるとどうにも落ち着かないたちなので、前回売り切れてて買えなかった1巻が増刷されたと聞きつけ、今回いそいそと購入してしまったしだい。
ちなみに、この本はFate/stay nightを理解する上では全く役に立たちません。
パロディ系の同人誌は、元ネタを知った上で楽しむのが基本なので、当然といえば当然ですが。
話の内容については好き嫌いがはっきり分かれるかと思いますが、プロが描いているだけあって作画のクオリティは高く、同人誌の中にあっても上位の部類に入る作品かと思います。
もっとも、個人的にサークル希有馬屋さんが描くキャラは好みだったりするので、若干贔屓目過ぎるかもしれませんが。
次いつ増刷がかかるのかが不明なので、在庫がまだある今のうちに買っておくのも悪くないかと思います。
ただ、内容が鬼畜系なのでそのへんは自己判断ということで。
買った本人ですら、今のところ1巻を読むつもりはなかったりしますし。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日は「ねんどろいどぷち Fate/stay night セイバー(カリバーン)」を紹介していきます。
最初に四方向を紹介。
まず、正面。

       ねんどろいどぷちセイバー(カリバーン)正面

髪の毛の流れる方向がセイバー(エクスカリバー)と逆向きです。
同じ型を流用しても良かったような気がしますが、商品の差別化を図るため敢えて変えたものと思われます。
手に剣を持っていますが、剣や手にはだぼ穴がなく、どうやって持たせるのかよく分からず少し苦労しました。
思案の末、両手を狭めることで剣の柄を握らせることに何とか成功。
今でも正しいやり方は不明ですが、これ以外の方法はないんじゃないかとは思います。
次に左手側。

       ねんどろいどぷちセイバー(カリバーン)左手側

お団子頭はエクスカリバー版のそれと同じで、お団子部分は別パーツになっていて360度回転します。
髪型自体はキャラ準拠だと思いますが、原作を知らないので詳細は不明。
続いて後ろ姿。

       ねんどろいどぷちセイバー(カリバーン)後ろ姿

手を前に組んでいるせいか、後ろ姿はあっさりめです。
心持ち横に傾いていますが、これは支柱をやっつけで取り付けたせいで、きちんと真っ直ぐに立たせることができます。
最後に右手側。

       ねんどろいどぷちセイバー(カリバーン)右手側

髪の毛の造形が左右で微妙に異なるため、こちら側からはご尊顔を拝することができます。
見る角度のせいか憂いを帯びているようにも見え、なかなかに悪くない眺めです。
四方向の紹介が終わったので、最後にバストアップを紹介。

       ねんどろいどぷちセイバー(カリバーン)バストアップ

顔の造形自体はエクスカリバー版とほぼ同じですが、髪型が違うせいでちょっと印象を異にします。
個人的にはこちらの髪型はちょっともっさりとしすぎていて、何だか野暮ったく見え、あんまり好みではありません。
ただ、造形自体は他のキャラのそれと同じレベルにはあり、特段問題はありません。

このキャラは、トレフィグショップでの売値を見るに、一応当たりに属するようですが、同じ格好のエクスカリバー版と比べると見劣りする気がします。
なので、個人的にはエクスカリバー版の方がお勧めです。
ただ、遠目で見る限りではエクスカリバー版と並べてみても違和感はないので、遠くから眺めるのがこのフィギュアの正しい鑑賞方法なのかもしれません。

ということで、今日はここまで。
次回は「ライダー(魔方陣)」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/179-65a35e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。