駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 初音ミクProjectDIVA特典ver.ふっこくばん」 

今日、財布を新調しました。
今まで使ってた財布は既に3年以上使っていることもあり、随分と前から小銭入れの内側が破れ駄目になっていたのですが、小銭が財布からポロポロと落ちだし、いよいよ財布としての役目を果たさなくなったので、新しい財布を買うことを決断。
財布を買うことにしたまではよかったですが、いざ買う段になるとなかなか良い財布に巡り会いません。
そもそも、財布を扱っているお店自体少ないし。
ショッピングモールを幾つか梯子し、主に鞄屋を見て回りましたが、どれもこれもイマイチ。
思案の末、面倒くささを押し、遠くのロフトまで遠征。
以前、別件でロフトに立ち寄ったとき、そこそこ財布の品揃えが充実してたのを思い出し、ロフトに賭けてみることにしたしだい。
長く使う物は、気に入ったデザインのものでないと嫌だし。
遠くまで足を伸ばした甲斐あって、品揃えは豊富でした。
ただ、色々なデザインの財布があるせいで、今度はどれにしようか決めるのに困りましたが、何とか二つまで絞り込むのに成功。
一つは革製のオーソドックスなデザインのもので、もう一つは耐久性のある素材を使ったちょっと変わった肌触りのもの。
デザインはどちらも似たり寄ったりのシンプルなものだったので、値段を考えると革製の方をチョイスした方が家計には優しいところでしたが、変わった肌触りの財布の方も捨てがたくしばし熟考。
で、結局、購入したのがこちら
耐久性が優れている素材を使用しているのが売りのようで、それを信じて買うことにしました。
財布はかなり乱暴に扱ってるので、丈夫な物の方が安心できますから。
家に帰って早速財布の中身を移し替えましたが、まだ馴染んでいないせいで持って歩くと少し違和感を感じます。
そのうち慣れてくるとは思いますが、新しい財布に替えたという新鮮さが感じられ悪くありません。
新しい物は何でもそうですが、やはりいいものです。

さて、フィギュアレビューを始めていきます。
今日は先日、不意を突くようにして送られてきたPSP用ゲーム「初音ミク ProjectDIVA」のおまけとなるグッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 初音ミクProjectDIVA特典ver.ふっこくばん」を紹介していきます。
ねんぷちは、この箱にゲームと一緒に入れられてました。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.ゲーム外箱

PSP用ゲームと同梱ということで外箱は大きめ。
そうはいっても、フィギュアの外箱の半分ぐらいで場所はそれほど取りません。
この箱を開けると、マトリョーシカよろしくさらにねんぷち用の箱が入ってました。
それが、こちら。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.外箱

普通のねんぷちの箱と同サイズのものです。
続いて、ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.本体を四方向から紹介。
まず、正面。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.正面

以前販売されてたねんぷちのボーカロイドシリーズのそれと比べると、口の大きさや台座の色、それから造形なんかは微妙に異なりますが、遠目に見ればほぼ同じです。
見た目の違いはネギを持ってるかどうかだけな感じです。
何だか損した気分ですが、熱に浮かされ買った物なのでやむを得ません。
次に左手側。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.左手側

正面から見ると違和感がありませんが、横から見るとデフォルメということもあって頭でっかちな印象が強くなります。
続いて、後ろ姿。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.後ろ姿

支持棒は、ヴォーカロイドシリーズのそれが透明だったのに対し、こちらは鶯色になってます。
透明な方が目立たず良いですが、初音ミクカラーということでそれほど悪い感じではありません。
最後に右手側。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.右手側

左手側の眺めとさほど変わりありませんが、マイクの口の部分はきちんと塗装され、グッドスマイルカンパニーらしい細かな造りです。
四方向の紹介が終わったので、バストアップを紹介。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.バストアップ

塗装はガチャポンのそれよりもきっちりとしてだるさはありません。
両腕の付け根に分割線が映ってますが、この箇所はジョイント部で両手は可動式となってます。
そのおかげで、少しだけポージングを替えることも可能です。
ツインテールも可動できるので、ポージングを弄ってみるとこんな感じとなります。

      ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.パーツ可動

向かい風の中で謳う初音ミクをイメージしてみました。

この「ねんぷち初音ミクProjectDIVA特典ver.」は、正味な話、ヴォーカロイドシリーズの初音ミクを持っていれば特にいらない気がしないでもないです。
まあ、正統派の姿なので、ネギを持っている方よりもこちらの方がよいのかもしれませんが。
ただ、個人的には5千円近く出して手に入れる物ではなかったというのが正直なところです。
ちなみに、このねんぷちを飾るケースとしてお勧めなのが、ニトリの12マスのコレクションケース。
コトブキヤのアクリルケースとほぼ同じサイズながら、半額以下で手に入りねんぷちにジャストフィトです。
木製ケースなので正面からしか眺められないのがネックですが、剥き出しで飾るよりも見栄えは格段に良くなるので、コレクターであれば買って損はしないかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回からまた紀州鉄道の紹介に戻ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/164-fc477258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。