駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

鉄道博物館訪問 加悦SL広場編最終回 

オーキッドシードから「ToHeart2袖原このみ ゴスロリver」と「ちちのえ+∞-インフィニティ-ピンナップレディ響」がリリース。
どちらのフィギュアも前にオリジナルが発売されてて、そのカラバリとなるものです。
袖原このみはロリ属性を持ち合わせていなかったこともあり、前のバージョンはスルーしましたが、レビュー記事を見たら思いの外出来がよくて、買わなかったことを後悔してたので即決で予約。
で、悩ましいのがもう一つの響の方。
響の基となったフィギュアは購入済みなので、本来ならスルーして終わりですが、この響にはカラバリとなる限定版があり、こちらが非常に気になってます。
この限定版は、見る角度によって色合いが異なって見える塗装が施されているとのことで、どんなものなのか現物をこの目で実際に見てみたくて仕方ありません。
1/8サイズであれば、一も二もなく興味本位で買っていたところですが、この響は全高31センチとかなりのデカブツ。
それが、理性を呼び覚まし購入を妨げてます。
正直なところ今手元にあるものだけでもかなり持て余し気味なので、そんなものが二体に増えるとどうなるかは火を見るよりも明らかです。
それに、後先考えず買ってしまったコレットという大物も控えてるし。
ただ、どんなものなのか現物を見てみたいので、非常に悩ましいところです。
広い家に住んでれば何の支障もないことなんですけどね。

さて、鉄道博物館訪問をはじめていきます。
今日は加悦SL広場の最終回と言うことで、一番のお目当てでもあったラッセル雪かき車に焦点をあてじっくりと紹介していきます。
まず、そのサイドビューを紹介。

加悦SL広場ラッセル雪かき車サイド
 
このラッセル雪かき車は昭和13年に製造され、山陰本線で活躍してたものとのこと。
鉄道模型では目にしてましたが、実物はやはり迫力があり悪くありません。
記憶が正しければ東北のローカル私鉄では今も現役で使われているらしいですが、静態保存されてるものもじっくりと観察できるので悪くありません。
ただ、雨ざらしのせいで色褪せているのが少し残念です。
続いて、反対側を紹介。

加悦SL広場ラッセル雪かき車リアビュー

設置場所の関係で斜め後方からの眺めとなりますが、屋根に載ったエアタンクが物々しい感じです。
側面に段差がついているところがありますが、これが除雪翼となり、圧縮空気で外へ押し広げることができるようになってます。
アングルを変え斜め正面を紹介。

加悦SL広場ラッセル雪かき車フロントビュー

場所が狭く先端部が切れてしまってますが、軍用車両にも似た雰囲気を持ち個人的には好みの風貌です。
この車両は中に自由には入れるので、備え付けの階段を登り中に入ります。
普通は中を見ることはできないので少し興奮します。
入口から見た室内を紹介。

            加悦SL広場ラッセル雪かき車室内先頭方面

中はかなり狭く、ダクトが至る所に走り、居住性はかなり悪そうです。
定員は不明ですが、座席は五名分はありました。
ただ、五名も入ればかなり窮屈そうな感じで、長時間乗っているとそれだけで体力を消耗してしまいそうな感じです。
続いて、運転席を紹介。

加悦SL広場ラッセル雪かき車運転席

真ん中の背もたれのついた椅子が操縦席のようで、この前に計器が並んでました。
計器がこちら。

加悦SL広場ラッセル雪かき車計器

レバーの上げ下げで左右の除雪翼を調整するようになってます。
外からはわからない仕組みで良い勉強になりました。
最後に運転席から眺めた室内の光景を紹介。

            加悦SL広場ラッセル雪かき車入、口方面

入口から眺めた光景とさして変わりありませんが、活躍してた頃は一番後ろについた窓から蒸気機関車の先頭部が見えてたのかもしれません。

今日を含め五回に分けて加悦SL広場を紹介してきましたが、この鉄道博物館というか公園は、鉄道マニアなら押さえておくべき施設かと思います。
置かれている車両はなかなかどれも貴重なものですし、何より一部の車両を除き車内に自由に入れるようになってるので、なかなかに楽しいです。
ただ、ネックなのがその場所。
最寄りの高速のインターチェンジから小一時間と遠く、また最寄り駅もなかったりして、かなり訪れにくいところです。
ちなみに、案内看板とHPの記載が食い違ってたりするので、車両を観察してどちらが正しいのか解き明かしていくのが、この加悦SL広場のお勧めな楽しみ方です。

ということで、今日はここまで。
次回からは紀州鉄道を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/161-984c9f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。