駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 岳南鉄道編最終回 岳南江尾駅 

今日からnativeでCOLLETの再受注の受付が開始。
前回の受注時には諸事情で購入を見送った品ですが、今回は別バージョンとなる「COLLET 小悪魔サンタver」の受注も行うということでひとまずサイトをチェック。
別ヴァージョンということで、ポージングや何やかんやが違うのだろうとかなり期待してましたが、サイトを見てがっかり。
単なるカラバリで、しかもどこが小悪魔なのか突っ込みたくなる微妙なカラーリング。
好きな色の方を選べるという点では悪くないですが、あからさまな手抜きでちょっといただけません。
これだったら、最初からカラバリと謳ってくれた方が過剰な期待をせずによかったです。
期待して損しました。
まあ、往々にして期待は裏切られる物なのであれですが。
小悪魔verは食指が動きませんでしたが、通常版のCOLLETは買おうかどうかちょっと思案中。
造形自体は好みなのですが、問題なのはその大きさ。
前回購入を見送ったのも大きさが難だったせいですが、当時よりもさらに状況は悪化し、狭い部屋は既に飽和状態を迎え、この大きさのフィギュアを飾る場所が最早ありません。
買っても飾れない物を買うのももったいないですが、レビューサイトなんかを見てみるとフィギュアの出来はよさげなので非常に悩ましいところです。
受注締め切りが6月30日と言うことなので、ひとまず保留してじっくり考えるつもりです。
でも、本当に小悪魔verにはがっかりさせられました。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は岳南鉄道の終着駅となる「岳南江尾駅」を紹介していきます。
駅前は広々としてたので、ベストアングルからぽつねんと建ってた駅舎を撮影。

岳南江尾駅駅舎

完全な逆光で残念な仕上がりです。
この駅舎は開業当時の姿をそのまま留めている感じで、壁面にあしらわれた駅の字も旧字体で味があり悪くありません。
ただ、手入れをほとんどしていないようで、至る所が朽ち果て、見るも無惨な姿となっておりちょっといただけません。
もう少し手入れをすればそこそこ見栄えがするデザインなだけに残念です。
駅の入口をくぐり改札口を撮影。

岳南江尾駅改札口

撮影している間にどこからか姿を見せたおばさんが、慣れた感じで改札の前に原付を置いていきました。
自転車置き場のないこの駅では、雨風を避けるのには改札口に置くのが確かにベストですが、今まで改札口にバイクを乗り付ける光景など見たことがなく、何だかこの駅の置かれてる状況を垣間見た気がして泣けてきます。
肝心の改札口ですが、かつての窓口や改札が残され、状態さえよければそこそこ見られる造りです。
ただ、駅舎本体同様全く手入れされていないこともあり、古びた団地の玄関口のようで、お世辞にも見栄えのよいものとはいえません。
改札の先は構内踏切になってたので、改札をくぐり、そこからホームの全景を撮影。

岳南江尾駅ホーム全景

電車が停まり全景が隠れてしまってますが、お馴染みの1面2線の島式ホームとなっていました。
このへんはそれほど他の駅と違いはありません
終着駅らしく頭端式ホームなりであればよかったところですが、まあこれはこれでこの路線らしく悪くはありません。
レンズの向きを変え、終点側を撮影。

岳南江尾駅終点

終点らしく線路は途切れ、そこから先には伸びていません。
もう少し風情があればよいところですが、この殺風景な感じがこの駅にはお似合いな感じです。
構内踏切を渡り、駅の裏手を撮影。

岳南江尾駅駅舎裏手

正面よりも気持ち綺麗な感じですが、仮設トイレが残念な感じで建ってます。
何というか全体的に残念さに溢れてる駅です。
ホームに上がり、吉原方面を撮影。

岳南江尾駅ホーム吉原方面

ホーム上には小さいながらもブロッコリー状の待合所が設けられてました。
ただ、終着駅にしてはホーム上は寂しい感じで、もう少し華があった方が締まる感じです。
ちなみに、奥に見える高架線は新幹線のものとなります。
反対端へ行き今度は終点方面を撮影。

岳南江尾駅ホーム終点側

終着駅らしい情緒もなく、ただただ殺風景で寂しい感じです。
さして眺めもよくないので、最後の〆として駅名表示札を探そうとしましたがどうやらこの駅にはないようで撮影を断念。
終着駅ぐらい古い駅名表示札でも掲げておいてくれればよかったところです。

この駅は、行った時期が冬だったということもありますが、全体的に活気がなく、静かに朽ちていっていることを肌で感じられる駅でした。
場末感を味わうにはもってこいの駅かと思いますが、終着駅としてはちょっと残念な駅でした。

今日で岳南鉄道も最後ですが、この路線は総じていえば魅力的な駅舎は少ない路線でした。
なので、駅舎好きにはあまり楽しめない路線ですが、駅舎以外はなかなかに面白い物がある路線で、行ってみるのも悪くないかとは思います。
電車には乗らずじまいでしたが、車で回るよりも電車で巡った方が面白そうな感じだったので、これから行こうとされる方には電車での訪問をお勧めします。

ということで、今日はここまで。
次回からは鉄道博物館訪問ということで、「加悦SL広場」を紹介していきます。
スポンサーサイト
岳南鉄道  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/152-e07b262e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。