駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 岳南鉄道編第6回目 比奈駅その1 

ネタもないのでさっくりと駅舎紹介をはじめていきます。
今日紹介するのは岳南原田駅の次の駅「比奈駅」です。
比奈駅は岳南原田駅のすぐ側にあり、カーナビがなくても簡単に辿り着ける場所にありました。
広々とした敷地の中に駅舎がポツンと建っていたのでひとまず撮影。

比奈駅駅舎

駅舎は改築の跡も鮮やかで、お世辞にも素敵なものとはいえない感じです。
駅前が広々としているせいで、駅周辺にはどこか寂寞とした雰囲気が漂い、昼間だというのになぜだかもの悲しい気分になります。
駅舎にはあまり魅力を感じなかったので、そのまま中に入り改札口を撮影。

比奈駅改札口

昔の姿をほぼそのまま留めている感じで、なかなかに味があります。
ただ、後付けの時刻表なんかがゴチャゴチャとして煩い感じなのがちょっとマイナス。
この駅は、有人駅だったので窓口で入場券を買って改札をくぐります。
改札を抜けた先は構内踏切になっていたので、その中ほどで立ち止まりホームを撮影。

比奈駅ホーム全景

この路線では見慣れた1面2線の島式ホームです。
ホーム上にはお馴染みのブロッコリー状の待合所があり、こちらも他の駅とさほど違いはありません。
ただ、他の駅のそれと比べると、ちょっとガタがきてる感じです。
構内踏切を渡り終えたところで、駅舎の裏手を撮影。

比奈駅駅舎裏手

表側と比べると、こちらの方がすっきりとして見えます。
個人的に鶯色が好きなので、壁の色なんか悪くない感じです。
ホームに上がって吉原方面を撮影。

比奈駅ホーム吉原方面

本線の両側には側線が何本も走り、有蓋貨車やコンテナ車がたくさん留置されてます。
JRでよく見られる青色の有蓋貨車が違和感を感じさせますが、JRと接続している関係でここまで乗り入れているのかもしれません。
荷役が主役なのか、ホームはいたってシンプルで完全に脇役といった感じです。
反対端まで歩いて行き、今度は岳南江尾方面を撮影。

比奈駅ホーム岳南江尾方面

こちらから見ると、駅舎側に3本、反対側に1本の側線が走っていることがわかります。
ホームのこちら側には植え込みがありましたが、土を起こしたまま捨て置かれていて、ちょっと汚い感じでイマイチです。
最後の〆に待合所に掲げられていた駅名表示札を撮影。

比奈駅駅名表示札

岳南原田駅と同じ形式のものです。
駅名表示札の手前に、さび付いた筋交いが走ってるのが難でした。

この駅は岳南原田駅と同じく荷役扱いをしているようでしたが、荷役についてはこちらの駅がメインのようで、電気機関車やコンテナ車なんかが多く留置されてました。
駅舎よりも留置されてた車両の方が魅力的だったので、次回はこの駅に留置されてた電気機関車なんかを紹介していきます。
スポンサーサイト
岳南鉄道  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/146-7f1f1abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。