駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 岳南鉄道第3回目 吉原元町駅 

日がな一日ぼんやりとしていて、気づけばもう夜。
やることなら幾らでもありますが、どうにもこうにも腰が重く駄目です。
ご飯を食べに行くのですら億劫でパワーが出ません。
元気玉見たく、みんなのパワーをちょっとずつ分けてもらえれば少しはマシになるのでしょうが、何だか全てが億劫で気力が沸きません。
根が面倒くさがりのぐうたらなので、それが顔を覗かせはじめたようです。
あんまりよろしくない兆候です。
仕事が始まればひとまず土日まではぐうたらしなくなるのでよいのですが、こんな生活を送ってる老後を考えるとかなり不安です。
日がな一日、家でゴロゴロしてる姿がありありと浮かびます。
それはそれで老人らしく悪くはないとは思うものの、人として何だかか終わってる気がしないでもないです。
ただ、現状では打開策がないのが実情。
やはり、婚活でもして早く結婚しなければならないのかもしれません。
結婚すれば、少なくとも一人は構ってくれる相手が出来るので。
まあ、面倒くささのあまり今まで避けて通ってきたことなので、そう簡単にはいかないでしょうが。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は、ジヤトコ前駅の次の駅となる「吉原本町駅」を紹介していきます。
吉原本町駅は、ジヤトコ前駅のほど近くにあり、迷うことなくすぐに辿り着けたので、さっそく駅の全景を撮影します。

吉原元町駅全景その1

変則的な格好の駅舎です。
全体的に安っぽい造りですが、それでもそれなりの味わいがあり、それほど悪くはありません。
ごちゃごちゃとした商店街の中というロケーションも幸いしてました。
少しばかり見てくれが悪くても、街並みに違和感なく溶け込んでる駅舎は、それなりによく見えるので。
駅の隣にある踏切から別なアングルで撮影。

吉原元町駅全景その2

1面1線の島式ホームと駅舎とがそのままがっちゃんこしたような造りで、省スペースと言えば省スペースな造りです。
駅舎と比べ、奥に見えるホームの造りはなかなかのもので期待できる感じです。
早足で駅舎へ戻り、中に入って改札口を撮影。

吉原元町駅改札口

左手に窓口があり、真ん中には改札が置かれてます。
無粋な自動改札機や簡易改札機もなく、昭和の面影を残した良い改札口です。
もう少し明るければなおよかったかもしれませんが、この薄暗さが場末の雰囲気を感じさせ、この駅にはしっくりとくる感じでした。
有人駅だったので、入場券を買い、改札をくぐってホームへ向かいます。
まずは、岳南江尾方面の端へ行き、そこから吉原方面を撮影。

吉原元町駅ホーム吉原方面

こちらの端は柵がすぐ側まで迫り、僅かにスペースはありますが、電車を待つには少し危険な感じです。
ホームを覆う庇は趣のある木製のもので、ペンキも綺麗に塗られ好印象です。
野暮ったいH鋼の庇が幅をきかせる中にあって、木製の庇はなかなか悪くありません。
庇をじっくりと鑑賞しながら、ほてほてと歩き、反対端まで向かいます。
ホームの端にはこんなものがありました。

吉原元町駅トイレ

ホーム上ではあまり見かけないトイレです。
普通は駅舎の中に組み込まれてますが、狭い駅をのスペースを有効活用した無駄のない造りです。
ただ、小をする場所が外から丸見えなので、ここでするのは少し躊躇われる感じです。
トイレの横から今度は岳南江尾方面を撮影。

吉原元町駅ホーム岳南江尾方面

こちら側から見ると、庇を支える柱が違うことに気づきます。
駅舎側の方は木製の物でしたが、こちらは古レールを用いた物で、天井も気持ち高めになってます。
どちらが後付けかは不明ですが、駅舎と木製の庇はセットみたいな造りだったので、こちら側が後付けなのかもしれません。
古レールの柱も味があり、一粒で二度美味しい造りの庇です。
最後の〆として駅名表示札を撮影。

吉原元町駅駅名表示札

壁に掲げられており、今までのそれと異なる仕様の駅名表示札です。
この路線のデフォらしい駅名表示札よりこの駅に似合っている感じです。
ちなみに、同じ形式のものがもう一枚壁に掲げられていましたが、違いがないのでこちらは割愛。

この駅は駅舎自体は安っぽいというか粗末な造りですが、無駄な自己主張はせず、街並みにすんなりと溶け込んでいてそれほど悪くない感じです。
また、ホームの庇は木と古レールのハイブリットでなかなかに趣があり、ローカル線の駅にきたという感じがして楽しめます。
駐車場が付近にないのが難ですが、訪れる価値のある駅かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「本吉原駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト
岳南鉄道  :  trackback 0   :  comment 1   

コメント

修正します

迂闊でした。正しくは「吉原本町駅」でした。ご指摘ありがとうございます。

ニコロコ #- | URL | 2010.06.06 22:40  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/143-1a9fe224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。