駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 遠州鉄道鉄道線編第17回目 小林駅 

仕事の帰りにライティングを極めるため本屋でライティングの本を物色。
あまりライティング関係の本は置いてなかったものの、買って後悔したくなかったので置かれていた本を全部手に取りじっくりと吟味。
どれもこれも帯に短したすきに長しでしたが、吟味した上で「基礎から始める、プロのためのライティング」(玄光社)をチョイス。
この本はタイトルどおりプロを目指す人向けのもので、なんちゃって機材で撮影している身としては幾分か内容が高尚すぎますが、ライティングの基礎が押さえてあったので買ったしだい。
本当は身近な素材で簡単にできるライティングテクニックや機材の紹介なんかを書いた本が欲しかったのですが、ニッチすぎる分野なのでそういう感じの本は残念ながらありませんでした。
実際、この本の値段もニーズのなさを反映しているように、昨日買ったクリップライトの倍以上もする高価なものだし。
何かお金をかけるところを間違ってる気がしないでもないですが、せっかくの機材も使いこなせないと意味がないわけで、先行投資ということでよしとします。
次のフィギュアは今週末にも届きそうな感じなので、それまでにこの本に目を通して、少しでもスキルを上げたいところです。
やっぱり満足の行く綺麗な写真でフィギュアは紹介したいですから。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は昨日紹介した美薗中央公園駅の次の駅となる「小林駅」を紹介していきます。
この駅は美薗中央公園駅から道なりに進んだ先にあり迷うこともなく到着。
駅前は広々としていたものの、駅舎は横に長細く全景を撮影できなかったので、近づいて撮影。

小林駅駅舎

遠州鉄道ではお馴染みの線路に挟まれた駅舎です。
これを駅舎と呼ぶのが正しいかどうかわかりませんが、今まで何のの躊躇いもなく駅舎と呼んでいたのでひとまず駅舎扱いとします。
駅前には十分な広さがあり、駅も新しく立て替えたばかりのようなので、その際にきちんとした駅舎を建てた方が良かったような気がしますが、この形式に何かこだわりがあるのかもしれません。
駅舎へ続く構内踏切から駅舎の一番端を撮影。

自動券売機

これまでのようにトイレが設置されているわけではなく、自動券売機が2台鎮座していました。
スペースを有効活用したなかなかの造りです。
ちなみに、自動券売機からホームを望むとこんな感じです。

スロープ

バリアフリー対応のスロープがホームへ伸び、その先には見慣れた簡易改札機が2台見えます。
窓口らしい設備は一切なく、初めから無人駅を想定して造られた感じです。
まあ、窓口に駅員を置かなくても、遠州鉄道お気に入りの簡易改札機さえあれば事足りるのかもしれません。
スロープを登り、ホームの上り口付近から西鹿島方面を撮影。

小林駅西鹿島方面

ホームは駅舎の形状から当然1面2線の島式ホームとなっています。
駅舎同様に庇やホームは真新しい感じで悪くありません。
ただ、真新しいだけあって趣は皆無で少し残念です。
反対端へ行って今度は新浜松方面を撮影。

小林駅新浜松方面

右側が少し湾曲していますが、左側はほぼ真っ直ぐな造りです。
庇の配色加減がどこかのガソリンスタンドを思わせま。
こちらもどこを見ても真新しい感じで目を惹く物はこれといってありません。
最後の〆として駅名表示札を撮影。

小林駅駅名表示札

立て看板形式のもでデザイン自体は遠州鉄道のデフォとなるものです。
この駅では記憶が正しければ駅名表示札はこれ1枚きりで、他の駅のようにもう1枚余分にあるわけではありませんでした。
新築するにあたり経費削減を図ったのかもしれません。
この駅には立て看板方式より吊り下げ方式の駅名表示札の方が似合ってる気がするので、このチョイスには少しがっかりです。

この駅は美薗中央公園駅と同様に新築ということで、清潔感こそありましたがそれ以外に見るべき所のない駅です。
駅前には広々としたスペースがあったので、出来ることなら木造の駅舎でも建てて欲しかったところですが、コストパフォーマンスを考えるとこの形式がベストなのかもしれません。

ということで今日はここまで。
次回は次の駅となる「芝本駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/129-b26c7248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。