駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

木地屋渓谷 with Saber×Makoto 【2016.7.18】 

すっかりサボっていたブログを更新。
ツイッターを始めてからというもの連作の撮影が捗り、どうにもツーマンセルでの撮影が進まずいけません。
連作の撮影後にツーマンセルでの撮影というのもなかなかに大変なのでついつい手を抜いてしまいます。
肝心のツイッターですが、面倒臭くて誰もフォローしていないので、ブログと同じく完全な壁打ち状態で全くの独り言と化していますが、日記代わりに手軽に記事を上げられるのはやはり秀逸です。
何より出先で記事を上げられるのは便利で悪くありません。
ブログだとどうしても家に帰ってからしか書けず、思い立って記事を上げるというのも難しかったですから。
ブログのように写真をまとめて掲載することができないので、ツーマンセルでの写真を上げるのには向いてませんが、単発で撮っている連作の紹介には好都合なので、なんというか現状にすこぶるマッチしています。
唯一のネックといえば、野外撮影時にリアルタイムで記事を投稿できないことでしょうか。
携帯の通じない山の中で撮影することが多いので、ロケ地でツイッターを上げても携帯が通じる場所まで記事が保留されてしまい、タイムラインがおかしくなることもしばしばです。
まあ、誰も見ていないので問題は無いのですが。
なので、ブログの更新も今後はかなり滞りそうです。
そもそもブログネタのツーマンセルでの撮影がほとんどできていないですし。
連作の撮影はひとまず今年の冬が終わるまでは続けるつもりなので、ツーマンセルでの撮影もそれぐらいまでは不定期にしかできず、ブログの更新が定期的にできるようになるのもそれぐらいになりそうな気がします。
その頃にはツイッターに完全移行している気がしないでもないですが。

さて、今日は木地屋渓谷で撮ってきた写真の紹介となります。
荒城温泉に久しぶりに入りたくなり、水上撮影も行っていなかったので、木地屋渓谷へと出かけることにしました。
木地屋渓谷がこちら。

  kijiyakeikoku-1

初夏ということで日差しも強く、緑の色も薄くなってしまっていました。
訪れるのなら新緑の時期がベストな感じですが、這う先だと水がまだ冷たく厳しいので、水の中に浸かるのにはこれぐらいの時期がベストです。
早朝ということで人もいなかったのでさっくりと撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  kijiyakeikoku-16

  kijiyakeikoku-3

  kijiyakeikoku-32

  kijiyakeikoku-27

  kijiyakeikoku-37

  kijiyakeikoku-52

  kijiyakeikoku-64

  kijiyakeikoku-74

途中までは順調でしたが、親子連れが撮影現場に乱入してきたので、撤退せざるを得ませんでした。
一言声をかけてくれればすんなりと場所を明け渡したのに、何も言わないままどやどやと乱入されると苛立ちが募ります。
まあ、今の日本人は貧すれば鈍するで、失われた二十年の影響でか礼儀作法を失った人が多くなっているのでやむを得ませんが。
特に子どもがいる場合には、それなりの稼ぎでは必然的に暮らしの質が下がってしまうので、礼儀作法なんて二の次になってしまうのでしょう。
衣食足りて礼節を知るとは良くいったものです。
それはさておき、久しぶりの水上撮影はなかなかに楽しかったです。
相変わらず三脚を消すのは難しいですが、50-100㎜レンズだと圧縮効果で少しは見えづらくなるようです。
50-500㎜レンズを使えばもっと消えてくれそうな気もしますが、持ち歩くには重すぎて水没の危険性が高まるので、実際には使えない気がします。
連作でも水上撮影が使えないかと考えたりしますが、世界観にないので難しいところです。
木地屋渓谷は夏場だと人が涼みに来るようなので、訪れるのなら夏場以外の方が良さそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1082-c730d6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)