駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

鉱山跡 with Saber×Miku 【2016.4.24】 

野外撮影のために苗木城跡へ行ってきました。
ツーマンセルでの撮影ではなく連作での撮影のためですが、我ながら興味があることしかやらなくなる傾向が強いのでよろしくありません。
まあ、体は一つなのでやむを得ませんが。
以前訪れたのは2年半ほど前で、その当時はあまり人がいなかったので油断していましたが、思いの外観光客がやってきて、撮影に少し手こずりました。
といっても、バリバリの観光地と比べれば観光客の数もかなり少なかったのですが、普段山の中に籠もっている身にしてはそれでも大人数で、観光地での撮影はやはり鬼門です。
念のため早朝に出向いたのが幸いして撮りたいカットはなんとか撮れましたが、現場で見つけた良い場所は人が多く撮影ができそうにもなかったのでいったん断念。
家に帰って調べてみると苗木城跡については、ここ最近観光客誘致に力を入れはじめているようで少し迂闊でした。
竹田城址の成功をきっかけに二匹目のドジョウを狙って各地で城跡の観光スポット化が進んでいるのでやむを得ませんが、観光客にあまり知られていなかった穴場が潰れていくのは寂しいものです。
昼に近づくにつれ観光客が増え始めたので、午前中でいったん撮影を中断し、少し早めのお風呂タイムのため昼神温泉へ。
昼神温泉は前々から気になっていましたが、行く機会がなかったので、近場に来たということで足を伸ばしてみました。
気になっていた泉質は今ひとつで、入ったのがスーパー銭湯のような日帰り入浴施設ということもあってかなり肩透かしでしたが、美人の湯として評判のようで単純に体質にあわなかっただけかもしれません。
茶色や白色のお湯になれてしまったせいか、どうも色がついていないと温泉と感じなくなっているようですから。
夕暮れ時を待って再び苗木城跡へ戻りましたが、狙い通り観光客は少なくなったので積み残しとなっていたカットをなんとか撮影。
撮影が終わる頃には誰も居なくなりましたが、それでも帰りがけに新しい観光客が姿を見せたので、やはり観光客は増えているみたいです。
目的の撮影は済みましたが、次の展開が思い浮かばないので、来週の行き先が決まりません。
行きたい場所はあるのですが、カットがつながらないと意味がないので悩ましいところです。

さて、今日は先日ロケハンを兼ねて出かけた鉱山跡で撮ってきた写真の紹介となります。
連作にかまけてツーマンセルでの撮影をしていなかったので、ブログのネタに困り、ロケハンがてらネットの海で見つけた鉱山跡へ出向くことにしました。
アクセスが容易な場所にある観光地化した鉱山跡ですが、オープンにすると面倒そうなので名前は伏せておくことにします。
訪れた時間が昼過ぎだったこともあって観光客は当然のようにいて、女二人に男一人という微妙な組み合わせの集団が先客にいて、キャッキャウフフと鉱山跡で遊んでいました。
彼らが去るのを待って鉱山跡の探索を開始。
場内に誰かが設置したらしいロープなんかを駆使して歩き回り、撮影場所を見つけました。
それが、こちら。

  kouzan-2

何かに使ったらしい構造物の遺構ですが、詳細は不明です。
設営している最中にも人がパラパラと眼下に姿を見せ始めたので、さっくりと撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  kouzan-4

  kouzan-5

  kouzan-12

  kouzan-20

  kouzan-25

  kouzan-26

  kouzan-60

  kouzan-47

人が眼下にそれなりに姿を見せたことに加え、廃墟マニアが撮影場所まで登ってきたりして落ち着かず、撮影枚数もいつもより少なめとなりました。
いつもなら五種類ほど撮影するところを三種類しか撮れませんでしたから。
コスプレ撮影も行われていたらしいメジャースポットなので、山奥にありながらも訪れる人はそれなりにいて、人目を気にせずに撮影しようと思うと早朝に出向くしかなさそうです。
幸いなことに比較的訪れやすい場所なので、連作を撮影するときには早朝に出向こうかなと思いますが、撮影していると昼を過ぎることもしばしばなので、早めに来てもあまり意味がないような気がしないでもないです。
鉱山跡というのはあまり馴染みのない光景なので、撮影の仕方によっては面白い写真が撮れそうな気がしますが、それにはもう少し精進が必要な気がしないでもないです。
それと、今回は新規導入した50-100㎜レンズを使ってみましたが、18-35㎜の標準レンズよりもボケが綺麗で頑張って導入した意味がありました。
望遠レンズなので距離をとるのが手間ですが、画質面でも18-35㎜と遜色の無いものということもあって、我が家の主力レンズになってくれそうです。
望遠端が少し短いのが欠点でせめて150㎜あればと思わないでもないですが、それを除けば不満はないので末永く付き合っていくことになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1077-f466c6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。