駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

阿寺渓谷 with Takane×Alice 【2016.4.9】 

ゴールデンウィークを利用して東北遠征を敢行。
東北には夏休みか年末にしか行ったことがなく、春先に訪れるのは初めてでしたが、予想よりも春が遠い感じでした。
ゴールデンウィークともなれば中部地方は既にほどよい気候になっていて活動しやすいのですが、東北は一月ほど季節が遅いようで、予定していた山々は八幡平を除いて降雪のためほぼ全滅でした。
福島の吾妻山をはじめ、安達太良山に栗駒山と野外撮影を予定していた山々は積雪と強風とで訪問できず、大幅に予定が狂う羽目になりました。
挙げ句に春の嵐のせいで天候が不順で、前半の行程で撮った写真はほとんど駄目な感じでした。
一番期待していた潟沼での撮影も暴風の影響で落ち着いて撮影できず、残念な写真しか撮れなかったですし。
ただ、田沢湖と八幡平ではそれなりに撮影ができたのが救いでした。
八幡平はずっと積雪で通行止めになっていたので目的地から外すことにしたのですが、田沢湖の撮影の後に後生掛温泉を訪れてみたらアスピーテラインが通れるようになっていたので、なんとか野外撮影をすることができました。
訪れた時間が遅くて撮影時間が余りとれなかったのが残念でしたが、ほぼ無風で撮影をすることができたので楽しめました。
それと、雨を避けて足を伸ばした下北半島で、全然予定していなかった森林鉄道跡で撮影できたのも良かったです。
野外撮影自体はなんとかできましたが、連作の撮影で手一杯となり、ツーマンセルでの撮影が一つもできなかったのが手痛い失敗でした。
我が家のDD勢は全部持っていったのですが、結局撮ったのは連作の主役となっているオルタのみという惨状でした。
リサーチ不足が災いしロケ地が見つけられなかったことが一番の原因ですが、観光客が多い季節ということで目星をつけていた場所には人がいて野外撮影ができなかったのが大きかったです。
首都圏から流れてきたらしい観光客がどこにでもいたので、ゴールデンウィークはやはり鬼門のようです。
野外撮影は散々でしたが、もう一つの目的の温泉は結構楽しめました。
鳴子温泉に入りそびれたのが失敗でしたが、予定していた後生掛温泉や強食塩泉の新屋温泉にも入ることが出来たほか、道中で面白そうな温泉も見つけることができたので、次ぎ来るときの楽しみとなりそうです。
野外撮影自体は今ひとつでしたが、八幡平周辺に野外撮影を楽しむのに色々と良さそうな場所があったので、夏休みか年末にでも再訪できればと思っています。
特に宝仙湖が胡散臭いほど水が青く緑の季節には綺麗そうだったので初夏頃に訪れてみたいところです。
ブログで紹介できる写真は撮れませんでしたが、フリッカーの方に連作を上げているので、もし良ければそちらを見てみてください。
とはいえ、紹介できるのは少し先になりそうですが。


さて、今日は阿寺渓谷で撮影してきた写真を紹介していきます。
最近は連作の撮影に力が入ってしまっていて、ツーマンセルでの撮影は刺身のツマになってしまっていますが、どっちもフリッカーではあまり反応がなくほぼ壁打ち状態になっているので、自分が楽しい方に注力するのはやむを得ません。
所詮は自己満足の趣味ですから。
今回の写真も連作の後のついでとして撮ったものになります。
撮影場所がこちら。

  Aterakeikoku-58

あまり人が来ない割には綺麗な場所です。
連作を撮っている途中で足が滑り腕を痛めてしまったのでさっくりと撮影を始めました。
以下、写真を貼っていきます。

  Aterakeikoku-11

  Aterakeikoku-16

  Aterakeikoku-21

  Aterakeikoku-28

  Aterakeikoku-38

  Aterakeikoku-42

  Aterakeikoku-48

  Aterakeikoku-51

最初はなんともなかった腕が時間をおうごとに痛み出し洒落にならなくなっていたのと、連作の撮影でアイデアが出尽くしたのとで撮影枚数は少なめとなりました。
ただ、連作を撮ってツーマンセルを撮影するとなると時間が掛かる上にアイデアも出ないので、今までは五種類の撮影をノルマにしていましたが三種類に買えようかなと日和ってみたりしています。
フリッカーのグループにあげれるのも1日あたり3枚までですし。
話を写真に戻しますが、腕が痛かったのが影響してか、スタンドの隠し方が甘い写真が多く、使える写真が少なかったです。
さっくりと画像ソフトで消せば問題ないのですが、ポリシーの理由で画像加工には今のところ手を出すつもりはないのでやむを得ません。
ドール写真に限っては画像加工があまり否定されていないようなので、表現の幅が広がるそっちに流れるのも悪くはないのですが、ドールをブルーバックで撮影し風景画像と合成するのとスタンドを消したりする画像加工については本質的には何も変わらないことなので、二の足を踏んでしまいます。
画像加工が当たり前となっている現状では無意味なことではありますが、画像の加工と現実を切り取る写真とでは似て非なる表現手段であることを考えると悩ましいところです。
少なくとも個人的には画像加工したものを写真と呼ぶのには抵抗がありますし、画像加工した写真は呼び方を変えるべきだとは思っています。
そもそも同じ土俵で語るべきものでもないですし。
皆そこまで深く考えず、綺麗にするために画像加工をしていると思いますが。
使えるものを使わないというのも勿体ない話ですし。
とはいえ、何かを表現することを趣味にしているのであれば、自分の立ち位置をキッチリと抑えておく必要はある気はします。
そうしないと軸がぶれることになりますから。
まあ、主義主張は時間が経つと変わるものなので、ある日何気なく画像加工しているような気もしますが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1075-27bd4662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。