駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

濁河温泉(林道) with Alter 【2016.2.27】 

濁河温泉を再訪。
通常の撮影の他に、テーマを決めて別枠で撮影することにしたので、そのための連続訪問となりました。
連ちゃんということでさすがに少し飽きてきましたが、徐々に春に向かっている雰囲気が肌で感じられたので、そういう意味では新鮮でした。
仕事に追われ気づいたら季節が変わっているということが多いので。
4月も目前ということで道路にはほとんど雪はなく、路肩の雪もだいぶと低くなっていましたが、それでも標高が1000メートルを超えることもあってそこそこ雪が残っていました。
キャッキャウフフと撮影を楽しむために未踏破だった林道の奥にある橋へと向かいましたが、時期が遅かったようですっかりと雪が溶けてしまっていました。
入口付近には雪が多く残っていたので大丈夫かなと思っていましたが、考えが甘かったようです。
やむなく別枠の撮影で使う予定だった材木滝探勝路へと移動。
探勝路にはまだ雪が多く残っていましたが、雪が溶け地面が見えている場所が多くあって、雪が完全に消えてなくなるのも時間の問題のような感じでした。
本来は材木滝へと続く奥へと行く予定でしたが、雪が少し深かったのと、天気が良く陰鬱な山の中で撮影するには勿体なかったのとで、入口付近の開けた場所で撮影しました。
撮影が終わるまでずっと天気が良く、観光客も来ないとあって、野外撮影を楽しむには申し分のない環境でした。
星空を見て帰ろうかとも思いましたが、帰りが遅くなるので自重し、麓のひめしゃがの湯に入って帰宅しました。
濁河温泉は景色が綺麗で、ひめしゃがの湯も良い日帰り温泉なのですが、三連ちゃんとなると流石に飽きてくるので、次回は木地屋渓谷へ行き荒城温泉に入ろうかなと思っています。


さて、今日は濁河温泉で撮ってきた写真の紹介となります。
今年は雪に恵まれなかったこともあって雪に飢えていたので、残雪が残っていると聞きつけ訪問することにしました。
道中の道は美ヶ原へ行く道よりも険しいので、二駆で行くには一抹の不安がありましたが、暖冬ということで道路に残っている雪は少なくなんとか無事到着。
いつも通り林道を車で進み、そこから材木滝へアプローチする予定でしたが、除雪されておらず雪が深く積もっていたので、やむなくスノーシューを履いて材木滝を目指しました。
が、行くのが面倒くさかったことに加えて、景色が綺麗で撮影するには悪くなかったので、林道で撮影することにしました。
撮影場所はこんな感じ。

  nigorigo-1

高山帯独特の木々が美しく、枯木が一際目を惹いたので、ここを撮影場所としました。
以下、写真を張っていきます。

  nigorigo-2

  nigorigo-20

  nigorigo-40

  nigorigo-45

  nigorigo-50

  nigorigo-62

  nigorigo-70

  nigorigo-79

  nigorigo-83

  nigorigo-87

枯木と高山帯の木々をもう少し上手く引き立たせられれば良かったのですが、なかなかに難しくて結果としていつも通りの代わり映えしないものとなりました。
ポージングも二番煎じが否めませんし。
背の高い木と比べるとドールはあまりに小さいので、上手く活用しようとなるとなかなかに難しかったりします。
人間サイズであればそれほど難しくないことも、ドールサイズとなると結構難しくて、いつも手こずります。
まあ、腕が悪いのが全てなのですが。
とはいえ、誰も来ないこともあって、結構楽しく撮影できました。
途中から雪が降ってきたので環境的には少し厳しかったですが、一人で気兼ねなくキャッキャウフフと楽しめるのはやはり悪くありません。
普通の林道なので雪が積もった冬季限定になりますが、野外撮影が楽しめる良い場所を見つけることができました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1069-a9275ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。