駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

八島ヶ原湿原 with Takane 【2016.2.11】 

今週末の野外撮影をどうしたものかと思案中。
京都ドルパが日曜日にあるので、体調を整えるために野外撮影はお休みすべきなのですが、最近の天候を考えるに今週末がどうやら今年最後の雪中撮影になりそうなので、折角の機会を棒に振るのが少し勿体ない気がしています。
行く先として考えているのは、再訪となる濁河温泉。
雪が多い年なら迷わず美ヶ原を選ぶのですが、今年は雪が少なくアクセスも容易になっているので、観光客に邪魔される危険性が高く選択肢から外さざるを得ませんでした。
濁河温泉はその点人が少なく安心なのですが、近くにスキー場があるせいでか、主に名古屋周辺から残念な人たちが流れてくるのが難です。
とはいえ、撮影場所は人が来ない山奥なので、あまり問題はないのですが。
野外撮影に不可欠な温泉も美ヶ原のそれよりも良く、野外撮影で疲れた体を癒やすには申し分ないので、かなり心が揺らぎます。
荒城温泉で補充してきた温泉成分もすっかり抜けてしまったし。
今度の撮影では、手持ちのドールを効率よく構ってあげるため、それからマンネリを打破し新境地を開拓するため、モデルを二体とするツーマンセル体制で撮影しようかとも考えていて、野外撮影に気持ちが傾いています。
濁河温泉のある下呂市は、土曜日は雪になるようなので、行くかどうかもう少し考えてみようかと思いますが、以前は使えなかった道が通れるようになり、時間もあまりかからずに行けそうな感じなので、野外撮影をすることになりそうな雲行きです。


さて、今日は八島ヶ原湿原で撮影してきた写真を紹介していきます。
今回訪れることにした八島ヶ原湿原は、本来であれば雪中撮影のメイン舞台として、ヘビーローテで訪れる予定の場所でしたが、今年はほとんど雪が降らない暖冬とあってすっかり足が遠のいていました。
そんな中で、大雪で湿原が白く染まったと聞いて、先日我が家にお迎えした貴音の野外撮影デビューを兼ねて訪れてみることにしました。
八島ヶ原湿原はこんな感じ。

  yasimagahara-1

雪は積もっていましたが、昨年と比べると明らかに少なく、雪不足が深刻でした。
木道が一部姿を見せる中、昨年見つけた撮影スポットまで移動。
それが、こちら。

  yasimagahara-124

雪原を小動物が歩いた足跡が残っていましたが、昨年はほとんど姿を見せなかった葦的な草が顔を覗かせていたりして、遠目で見た以上に雪が少なかったです。
撮影するには難がありましたが、美ヶ原へ足を伸ばすには時間が遅く時機を逸する危険性があったのと、撮影するには申し分のない天候だったのとで、ひとまず撮影をすることにしました。
以下、写真を貼っていきます。

  yasimagahara-7

  yasimagahara-16

  yasimagahara-24

  yasimagahara-36

  yasimagahara-46

  yasimagahara-52

  yasimagahara-66

  yasimagahara-81

  yasimagahara-101

  yasimagahara-111

貴音の初野外デビューを飾るには申し分ない天気で、空には雲一つなく空はどこまでも青く澄み渡っていました。
ただ、日差しが強すぎて、冬だというのに日焼けしてしまいましたが。
あまりの天気の良さに、美ヶ原へ行くべきだったと少し後悔したりしましたが、八島ヶ原湿原ではこの日以降もどんどんと雪が溶けていき、撮影するのが難しくなっていったので、タイミングとしてはベストだったようです。
気まぐれで応募して我が家に来ることになった貴音ですが、我が家にはいなかったタイプの造形ということもあって撮影はなかなかに楽しかったです。
撮り慣れていないせいか綺麗に撮影するのに手こずりましたが、それなりに良く撮れたかなとは思います。
八島ヶ原湿原の雪は、溶けかかっているせいか水を多く含んでいたので、美ヶ原では無理だった雪だるまを使った撮影ができたのも収穫でした。
目や手を用意しておらず、上手く丸く作ることもできなかったとあって、雪だるまは不格好で今ひとつでしたが、雪だるまを使った撮影の目安ができたのは大きかったです。
今年はもう無理ですが、来年はもう少し雪だるまを上手く使って撮影できればと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1066-b94b38d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。