駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 近江鉄道本線編第22回目 水口松尾駅 

虎の穴で同人フィギュアの事前予約が開始されたことを知り、早速虎の穴の通販サイトへアクセス。
今回、サークル希有馬さんから販売される同人フィギュアは、「超看護婦Vユノちゃん」、「超看護婦ミルキーウェイほたるちゃん」、「超看護婦コマンダー・エリカちゃん」、そして「黒琴音」の四体。
黒琴音は、前回狂乱騒ぎを引き起こした「超看護婦ペインキラー琴音ちゃん」のリペイント版になるので、正味三体が新作。
てっきり四体とも予約を受け付けているのかと思いきや、個人的に一番のお気に入りだった「超看護婦ミルキーウェイほたるちゃん」を除く三体だけの予約。
軽くショックを受けましたが、「超看護婦ペインキラー琴音ちゃん」のときみたく、狂乱騒ぎに巻き込まれるのも嫌なので、とりあえず黒琴音以外の二体を確保することにしました。
黒琴音も欲しかったのですが、財政状況も厳しいおりなので、リペイント版ということを言い訳にして、ここはグッと我慢しました。
が、それなのに、ついふらふらと希有馬さんの他の取り扱い物を見てしまったのがいけませんでした。
購入をずっとためらっていた同人フィギュア「金盾ちゃん」を何気なく見てみたら、いつの間にやら「在庫あり」から「在庫僅少」へ。
その文字が、いとも容易く理性のヒューズを飛ばしてくれました。
気づいたら、同じく希有馬の同人フィギュア「反転クベルタ」と一緒にご購入。
一体7,875円なのでしめて15,750円也。
黒琴音二体分の金額です。
節約したはずなのに、何故かその倍の金額を突っ込んでます。
全くもってだめ人間です。
ちなみに、黒琴音は、多分、今日中にでも売り切れてしまいそうな勢いですので、気になる方は早めに予約しておいたほうが無難です。

さて、駅舎紹介をはじめます。
今日紹介するのは、日野駅の次の駅となる「水口松尾駅」です。
こちらは、地図でみると国道307号線沿いにあり、簡単に辿り着けそうな場所でした。
が、すんなりとは辿り着けず、駅の先にある国道1号線まで出てしまい、同じ道を引き返す羽目に。
原因は、駅が風景に完全に同化してしまっていて、全く気づかなかったせいです。
目を皿にしながら、来た道を戻り、なんとか駅を発見。
ひとまず駅を撮影します。

水口松尾駅

駅舎はなく、小さな待合所があるだけでした。
待合所と言っても日野駅のような立派な物ではなく、あくまでも慎ましやかで、バス停のそれと変わらない感じです。
ただ、壁にでかでかと駅名が描かれていて、何というか趣も何もなく、ちょっといただけません。
まあ、この駅名のお陰で駅に気づけたので文句は言えないのですが。
特に見るべきところもないので、さっくりとホームへ向かいます。
ひとまず貴生川方面の端へ行き、八日市方面を撮影。

水口松尾駅ホーム八日市方面

一面一線の単式ホームとなっていました。
やはり、待合所の壁に描かれた駅名が目立っています。
駅名を表示する場合には、せめて看板を別に吊り下げて欲しいところです。
続いて反対端まで歩き、今度は貴生川方面を撮影します。

水口松尾駅ホーム貴生川方面

こちら側から見るといたってシンプルな感じです。
なので、道路側からみるとホームの高さもそれほど高いわけでもないので、ぼんやり走ってると確実に見落とします。
自動車利用者としては、こちら側にも駅名看板を掲げて欲しいところです。
撮影ポイントもないので、待合所の側に建っていた駅名表示札を撮影して〆ます。

駅名表示札

こちらも他の駅のそれと変わりません。
ちょっと枠が錆びてますが、それも含めてもあまり特徴はない代物です。
たいした収穫もなかったので、さっさと引き上げようとしましたが、駅の側に踏切があるのを発見したので、帰りがけの駄賃とばかりに駅の全体を撮影。

水口松尾駅全体

ホームが短く、ローカル線らしい駅です。

この駅については特にこれといった特徴はないのですが、車で行く場合には貴生川方面からがお勧めです。
それと、駐車スペースはほとんど無いので要注意だったりもします。

ということで、今日はここまでです。
次回は次の駅「水口駅」を紹介していきます。
ちなみに、明日は夜勤なのでお休みです。


ローカル線ランキングに参加してたりします。
気が向いた方はクリックしてみてくださいませ。


にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/105-012631e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。