駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

美ヶ原 with Miku 【2015.11.7】 

久しぶりに自然湖へ行ってきました。
シーズン前ということでまだ結氷していませんが、その前に水上撮影でもしてみようかと訪れてみることにしました。
紅葉の時期が綺麗で良いのでしょうが、観光客というかアマチュアカメラマンでごった返すのが目に見えていたので、少し時期をずらしてみたしだい。
まあ、行くのを忘れていただけという話もありますが。
案の定というか何というか到着したときにはまだ誰もおらず、自然湖周辺は静かなものでなかなかに悪くない環境でした。
ただ、肝心の自然湖が前日に雨が降っていたせいか、湖面や湖岸に流木やら何やらが漂着していて景観的には今ひとつな有様。
引き返すには少し遠い場所なので、ひとまず撮影をすることにしましたが、ここでもう一つ問題が発生。
自然湖は湖水が深緑色ということもあり水深が分からなかったのですが、岸から1メートルほど離れた場所で急激に水深が深くなっいていて、とても水上撮影ができる地形ではなく、撮影場所がかなり制限される羽目になりました。
カヌーの乗降場付近はなんとか撮影できる水深だったのでここで撮影をしましたが、足下がズボズボと沈む泥濘となっていて結構危険でした。
全面結氷時には平気で湖面を歩いていましたが、岸部近くですら踏み抜いたら確実に死ぬ深さだということが今回分かったので、冬本番となったときには今までよりも少し慎重に氷具合を確かめることが必要な感じです。
恒例の温泉タイムと言うことで、撮影後に王滝の湯へと行ってみました。
泉質的には濁河温泉やひめしゃがの湯と同じ感じで悪くない温泉でしたが、いかんせん場所が遠く、未舗装路が2キロも続くとあって冬に行くにはかなり厳しそうでした。
水中に沈んだ三脚がネックとなって写真は今ひとつでしたが、後日紹介していきます。



さて、今日は美ヶ原で撮影してきた写真を紹介していきます。
阿寺渓谷で昼過ぎまで撮影した後、下道をひた走り美ヶ原へと出向きましたが、この日は曇り空が広がる今ひとつな天気だったことに加えて、日没間近の時間帯ということもあって、観光客の数は少なめでした。
天気が悪くあまり期待できませんでしたが、夕陽とドールとを撮るため牧場へ。
撮影場所はこんな感じ。

  utukusigahara-1

霧で何も見えない残念な有様で、夕陽どころの騒ぎではありませんでした。
とはいえ、登ってきた労力を無駄にするのもためらわれたので、ひとまず撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  utukusigahara-11

  utukusigahara-4

  utukusigahara-15

  utukusigahara-17

  utukusigahara-24

  utukusigahara-28

  utukusigahara-34

  utukusigahara-35

訪れた時間が遅かったこともあって撮影時間が限られてしまいました。
そのせいで似たり寄ったりな構図になってしまいましたが、いつもと何が違うのかと言われればあまり違いがなかったりもします。
この日は霧が晴れる機会が何回かあったので、それを待って撮ってみたりしましたが、ピントが上手く合わなかったり、待機時間が長くてストロボがスタンバイモードになって動かなかったりと、なかなかに大変でした。
スタンバイモードについてはなんともならないのでやむを得ませんが、少し間が空くといつの間にかスタンバイモードに切り替わり、ストロボが不発となってしまうので、毎度毎度イライラとさせられます。
冬の日没時間を見誤り撮影時間が短くなってしまいましたが、これから冬本番を迎えるので日没時間もきちんと把握しておいた方が良さそうな感じでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1046-82da726d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。