駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

付知峡 with Saber 【2015.10.31】 

ビーナスラインがまもなく冬期通行止めに入るということもあって、ガスってしまった前回の撮影のリベンジを兼ねて連休初日に美ヶ原へ行ってきました。
高速は連休ということもあってかいつも以上に混んでいましたが、ビーナスラインに入ると途端にガラガラとなり、いい感じに寂れていました。
が、肝心の美ヶ原は思っていた以上に観光客が多く、周辺を彷徨いていたので少しガッカリ。
ビーナスラインが閉鎖されれば観光客も格段に減るとは思いますが、さすがに連休ということで人出は多かったです。
少し迂闊でしたが、余所へ行くつもりはなかったので、さっくりと牛伏山へ。
観光客の大半は美しの塔へ向かうのか、到着時に人影はありませんでしたが、昼頃にぱらぱらと登山客的な人が姿を見せ、撮影現場をガッツリと目撃される羽目になりました。
慌てて撤収作業をするには気づくのが遅すぎて、やむなく気づかないふりをして撮影を続けましたが、針のむしろに座っているようで、SAN値がガリガリと削られ少しダメージが大きかったです。
まあ、目撃した観光客の方が大変だったかもしれませんが。
怖いというつぶやきも聞こえてきましたし。
気持ち悪いのは自認しているので文句はありませんが、怖いと言われるのは初めて少なからずへこみました。
が、フレック迷彩のコートを羽織り、ズボンも同じフレック迷彩のBDUとなれば、さすがに怪しさ満点だったかと反省。
私服というか普段着が汚れるのを嫌って、野外撮影の時には使わなくなった迷彩服を着用しているのですが、誰もいない山奥であれば問題なくとも、衆人環視の状況でのフル迷彩はいささか不適切でした。
観光客が数多く姿を見せたのも昼頃までで、それ以降は訪れる人もほとんどおらず、撮影するには悪くない環境でした。
ただ、この日も雲が多い生憎の天気で、撮影するにはあまり良い状況ではありませんでした。
期待していた夕陽も雲に遮られ不発に終わってしまいましたし。
初雪が降ったらまた出かけたいところですが、今年は天候に祟られてなかなかに良い写真が撮れていないので、次訪れるときは晴れて欲しいところです。


さて、今日は付知峡で撮影してきた写真を紹介していきます。
ここ最近ご無沙汰だったということもあって、久しぶりに付知峡へ行くことにして高樽の滝へと向かいましたが、先客がいた上に紅葉も今ひとつとあって撮影場所を変更。

  tuketikyou-50

下流にある河原で紅葉の色づき具合はちょうど良かったのですが、撮影するのに良い場所が少なく、河原をうろちょろとしてなんとか撮影場所を確保。
それが、こちら。

  tuketikyou-38

写真ではそう見えませんが、青みが強い綺麗な淵で、撮影しやすそうだったのでここで撮影をすることにしました。
以下、写真を貼っていきます。

  tuketikyou-1

  tuketikyou-6

  tuketikyou-9

  tuketikyou-12

  tuketikyou-17

  tuketikyou-30

  tuketikyou-46

  tuketikyou-49

  tuketikyou-40

急に場所を変えたのが良くなかったのか、撮影をしていても気分が乗らず、どうにもこうにも良くありませんでした。
なんとか枚数を稼ごうとポーズやらを考えて色々と撮ってみましたが、蓋を開けてみれば似たような写真ばかりが写っていて使えるものが少なかったです。
撮影場所と決めた美しい青色の淵も綺麗に撮れていないような有様で、全体的によろしくありませんでした。
最初の場所で撮影イメージを朧ながらも考えていたので、その切り替えが上手くいかずに残念な結果になった気がします。
まあ、腕がないので全ては言い訳にしかならないのですが。
とはいえ、付知峡は人の目で眺めるには綺麗な場所ですが、野外撮影を楽しむのには少し厳しい場所な気がします。
河原へ降りれる場所は少なく、降りれても眺めがイマイチということが多いですし。
付知峡は見限った方が良い気がしますが、手持ちの撮影場所が少ないので、ネタが切れた時のために残しておこうかとは思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1043-ac9b7a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。