駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

阿寺渓谷 with Makoto 【2015.9.20】 

夏の暑さも去り、野外撮影を楽しむには悪くない季節になりましたが、川の水温がかなり下がってきているので、個人的にはなかなかにハードになってきました。
寒さ対策として冬用のウェーダーを準備してみましたが、体を温めるためのツールとして前々からあるといいなと思っていたアウトドア用のガスコンロも調達してみました。
夏場でも川の中に浸かっていると体が冷えてしまい、温かい飲み物が欲しくなってしょうがなかったので、本格的に寒くなる前に導入することにしたしだい。
川に浸からなくても冬場には暖かいものが欲しくなるので、アウトドア用品が安くなるこの時期に買うのがちょうど良いタイミングだったりもします。
買ったのはスポーツデポで安売りになっていたもの。
軽さ的には他のものよりも見劣りしましたが、クッカー付きで4千円ちょっとという安さが魅力的でした。
まあ、重いといっても誤差の範囲なので、あまり問題ではないのですが。
冬用のウェーダーとともにガスコンロの実力を試すため、紅葉の時期を迎えた木地屋渓谷へと土曜日に行ってきました。
紅葉を楽しむには少し残念な状態でしたが、日が射さず肌寒いとあって、性能を試すには悪くない環境でした。
肝心の性能ですが、ウェーダーについては足下を除いて寒さを感じることがなく、厚手の靴下を履けば冬でも十分対応できそうでした。
一方のガスコンロですが、設営もすこぶる簡単で、お湯が沸くのも早く、期待以上の性能でしたが、付いてきたクッカーのハンドルが熱くて持てなくなるというお粗末さで、これにはかなりガッカリでした。
やむなく帰宅後、ケトルを別注しましたが、クッカーのお粗末さを除けば、冬の寒さを凌ぐのには悪くないアイテムになりそうでした。
野外で飲むホットコーヒーがおいしいことも分かりましたし。
荷物が増えるので、これを持ち運ぶとなると機材の整理が必要になりますが、冬場の野外撮影には欠かせなくなりそうです。


さて、今日は阿寺渓谷で撮影してきた写真を紹介していきます。
久しぶりの連休ということで、久しぶりとなる木崎湖へ行く予定でしたが、ライブカメラを見てみるとキャンプ客が多くてどうにも具合が悪そうだったので、急遽予定を変えて阿寺渓谷へと向かいました。
夏も過ぎ紅葉前ということで大丈夫だろうと思っていましたが、予想に反して人が多くて追われるようにしていつもの場所へ。
撮影場所がこちら。

  aterakeikoku-47

上から眺めるとこんな感じ。

  aterakeikoku-49

木の枝に遮られた場所が撮影場所で、吊り橋から下を覗いても見えにくい場所となっています。
吊り橋を渡る人はそれなりにいましたが、気取られることはなかったのでひとまず撮影をすることにしました。
以下、写真を貼っていきます。

  aterakeikoku-8

  aterakeikoku-6

  aterakeikoku-9

  aterakeikoku-19

  aterakeikoku-15

  aterakeikoku-22

  aterakeikoku-23

  aterakeikoku-30

  aterakeikoku-35

  aterakeikoku-40

  aterakeikoku-41

  aterakeikoku-46

人がそれなりに行き来していたので、少し集中力に欠いてしまいましたが、撮影自体はなかなかに楽しめました。
水上撮影にはつきものの水没ですが、今回も不注意のせいで真が川に沈んでしまったので、開き直って濡れたまま撮影を続行しましたが、いつもとは違った雰囲気になり、これはこれでありかなといった感じです。
ただ、水に濡らすのは好きではないので、意図的に水につけたいとは思わないのですが。
後始末も面倒ですし。
話を写真に戻しますが、やはり風景と同化した写真というのは難しくて、いつもどおりのなんちゃってポートレート風になってしまいました。
ポートレートとしては中途半端で、風景写真としては景色があまり写っていないという有様で、思い描いている写真を撮ることは相変わらずできませんでした。
撮り方に変な癖がついたせいかなと思いますが、思い通りの写真を撮るということ自体がそもそも難しい話なので、もうすこし試行錯誤していかなければならない感じです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1037-e1f96323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。