駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

材木滝上流部 with Miku 【2015.9.5】 

名古屋アイドールへ行ってきました。
アイドールといえば、以前は9時頃行けばほぼ一番乗りに近い感じでしたが、DDミクで人形人口が増えたのか、あるいはアイドールの認知度が高くなったのか、9時頃に訪れた時には既に列が形成されていてなかなかの盛況ぶりでした。
参加者数自体も今までよりも多くなったようで、会場内は結構ごった返していて通路を歩くのも一苦労で、ディーラー巡りがしづらく、もう少し広い会場でと思わないでもなかったですが、文化不毛地帯の名古屋では肝心のディーラーが集まらない気もして、これぐらいの会場がベストなのかもしれません。
とはいえ、カートを引き回して練り歩く人もいたりして、狭い会場ではゆっくりディーラー巡りができないので、せめて通路ぐらい幅広くとれる会場で開催して欲しいところです。
今回のお目当ては、スカートと秋物的な洋服、野外撮影でなくしまくっているイヤリング、それと靴の四つ。
相変わらずスカート単品での販売は少なく、売っていても趣味に合わなかったりして捜索は難航を極め、スカートであれば何でもいいやということで三つほど適当に購入。
洋服とイヤリングは馴染みのディーラーさんで調達しましたが、野外撮影でなくしてしまったハートのイヤリングが再び手に入ったのは幸いでした。
靴も思ったようなものは売っていませんでしたが、適当に三足ほど見繕ってひとまず終了。
何周かしても良かったのですが、人口密度が高くゆっくり見て回るには環境が悪かったので、そのまま撤収することにしました。
地元でイベントが開催されるだけでも有り難いことなのですが、アイドールでは規模が小さく欲しいものが揃わないので、ドルパに遠征しなくちゃいけないかなといった感じです。
ドルショも悪くないのですが、DDメインだとやはりドルパの方が品揃えが豊富です。
ともあれ、ひとまず新しいアイテムが手に入ったので、野外撮影に順次投入していこうかなと思います。


さて、今日は材木滝上流部で撮影してきた写真を紹介していきます。
以前訪れた時、材木滝上流部は大雨で残念な感じとなっていたので、少し間を置いて訪れようかなと思っていましたが、濁河温泉に入りたくなったのでロケ地とすることにしました。
噴火の影響なのか、あるいは前からそうなのかわかりませんが、濁河温泉を訪れる人は少なく、材木滝へ続く遊歩道には人影はありませんでした。
まあ、人が多く来て欲しくはないので、これぐらいの感じがベストなのですが。
材木滝の上流部はこんな感じ。

  zaimokudaki-66

大雨が降って河床の土砂が流されたのか、前訪れた時よりも水深がかなり深くなっていて、以前の状態に近づきつつありました。
ただ、増水し流れが急だったので、少し下流へと移動。
ロケ地がこちら。

  zaimokudaki-2

こちらもたいがい水流が強かったのですが、滝壺で水流が弱まってくれたのでなんとか撮影が可能でした。
移動するのも億劫だったので、ひとまず撮影を開始。
以下、写真を張っていきます。

  zaimokudaki-3

  zaimokudaki-11

  zaimokudaki-31

  zaimokudaki-34

  zaimokudaki-36

  zaimokudaki-50

  zaimokudaki-41

  zaimokudaki-18

  zaimokudaki-16

  zaimokudaki-57

  zaimokudaki-62

撮れた写真は今ひとつで何だかなぁといった感じでしたが、プランを練っておらず感覚で撮影していることを考えるとやむを得ないところです。
考えていけば気分が乗らなくてもそれなりに形になりますが、ノープランでフィーリング任せの撮影となると、現場での感情次第となってしまいどうにもよろしくありません。
とはいえ、ぎちぎちに構想を固めてとなると、枚数が撮れない上にアイデアもでないとあって、撮影自体できなくなりそうなのですが。
ノープランといいながら、今回は椅子を使っての撮影を試してみることが目的だったので、ひとまずそれができただけでよしとします。
台座が思いの外小さく、椅子がはみ出してしまったのが想定外でしたが、それでもなんとか使えることが分かったのは有用でした。
立ち姿だけでは飽きてしまうので、これからは椅子を使っての撮影もしていこうかなと思いますが、もう少し良いサイズの椅子を見つけねばならない感じです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/1034-f37c4046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。