駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

材木滝上流部(中秋) with Sasara 【2015.10.12】 

野外撮影を始めたのが平成25年頃なので、撮影を始めてから早くも3年が経とうとしていますが、なかなか撮影スタイルが決まらず迷走しています。
Flickrに写真を載せてみても、これはよく撮れたという写真の評価はイマイチで、あまり気にしていなかった写真が高評価を受けるような始末で、ひょっとすると自分のセンスがずれているのかもと思うこともしばしばです。
まあ、Flickrにあげた写真自体が鳴かず飛ばずで、favesがつくことも希なので、そもそも評価されていないという話もあるのですが。
とはいえ、一般的な受けと自分で良いと思っているものとの差はあるので、やはり何か致命的なものがずれている可能性が高い気がします。
何が悪いのかツラツラと考えてみると、やはり構図が良くないのかなと思ったりもしますが、マンネリ化しているのが何よりも良くない気がします。
ポージングの選択肢が少ないことに加えて、構図の作り方も画一的なのがマンネリ化の原因だと思いますが、これを矯正しようと思うとインプットが必要不可欠な感じです。
他の方の写真をFlickrで見てパクるというかインプットをしているので、何もしていないのと比べると少しだけマシな状態ですが、量が少ないのは明白なので、グラビアなりに手を広げ色々とインプットするのが良い気がします。
生身の人間とドールとでは違いがありますが、撮り方について参考になることも多いですし。
いずれにせよ、もう少しインプットしなければならない気がしますが、撮影が楽しければ良しというのが信条なので、何もせずそのままという可能性もなきにしもあらずですが。
面倒なのは嫌いですし。
ただ、綺麗な写真を見ると心が安らぐようになったので、無理せず手を広げていこうかとは思います。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。