駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本童謡の園(江須崎島) with Alice 【2014.11.23】 

急に仕事が降って沸いて、昨日は休日出勤をする羽目になりました。
今日も少し仕事をせねばならなかったので、ボークス名古屋SRへランカを見にいくのを諦め、ひとまずミカヅキⅡの開封の儀だけ執り行うことにしました。
年明けまで仕事が忙しくなりそうで、今日開封しておかないと、箱入り娘として年を越しそうな感じでしたから。
汚れていた部屋を掃除して、いざ開封。
野外撮影では汚れることが前提なのであまり気にしていませんが、最初に取り出すときぐらいはさすがに汚したくはないので、扱いが少し神経質になってしまいます。
カンナやマフユ、それからユリサと同じく、ミカヅキⅡもきちんとパンツが履かされていましたが、カンナは黒色、マフユは水色、ユリサは茶色ときて、ミカヅキⅡは白色でした。
衣装から何から純白で揃えられているので、妥当な選択ですが、ギャップを楽しむということで黒でも良かった気がします。
DDもそうであるように、ブラジャーは付いていませんでしたが、50cmサイズの下着は少ないので、パンツとセットでブラジャーも付けて欲しいところではあります。
衣装はネット情報でもあったようにビスチェ的な服がキツキツで、説明書通り足から着せていったものの高確率で破れそうだったので断念。
やむなく、頭と両腕を外して着せましたが、足から着せようとしたときと違って、服を傷める恐れもなく簡単に着せることができました。
公式でもこのやり方を推奨すれば良いのにと思いましたが、慣れている人ならともかく、初めてお迎えする人には、ヘッドを取り外して服を着せるというのは、少し難しいというかハードルが高いのかもしれません。
自分自身も最初お迎えしたときは、ヘッドを外すという選択肢は皆無でしたから。
服を着せ、ウィッグを被せたミカヅキⅡは、なかなかに可愛くて悪くありませんでした。
カンナと似た顔立ちに加え、オルタ以上の白肌なので、写真を撮るのは難しそうですが、ひとまず豊郷小学校旧校舎群で写真を撮ってみようかと思います。
ただ、カメラは修理に出したっきり戻ってこず、仕事も立て込み始めたので、いつになるかわかりませんが。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト