駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

鉱山跡 with Saber×Miku 【2016.4.24】 

野外撮影のために苗木城跡へ行ってきました。
ツーマンセルでの撮影ではなく連作での撮影のためですが、我ながら興味があることしかやらなくなる傾向が強いのでよろしくありません。
まあ、体は一つなのでやむを得ませんが。
以前訪れたのは2年半ほど前で、その当時はあまり人がいなかったので油断していましたが、思いの外観光客がやってきて、撮影に少し手こずりました。
といっても、バリバリの観光地と比べれば観光客の数もかなり少なかったのですが、普段山の中に籠もっている身にしてはそれでも大人数で、観光地での撮影はやはり鬼門です。
念のため早朝に出向いたのが幸いして撮りたいカットはなんとか撮れましたが、現場で見つけた良い場所は人が多く撮影ができそうにもなかったのでいったん断念。
家に帰って調べてみると苗木城跡については、ここ最近観光客誘致に力を入れはじめているようで少し迂闊でした。
竹田城址の成功をきっかけに二匹目のドジョウを狙って各地で城跡の観光スポット化が進んでいるのでやむを得ませんが、観光客にあまり知られていなかった穴場が潰れていくのは寂しいものです。
昼に近づくにつれ観光客が増え始めたので、午前中でいったん撮影を中断し、少し早めのお風呂タイムのため昼神温泉へ。
昼神温泉は前々から気になっていましたが、行く機会がなかったので、近場に来たということで足を伸ばしてみました。
気になっていた泉質は今ひとつで、入ったのがスーパー銭湯のような日帰り入浴施設ということもあってかなり肩透かしでしたが、美人の湯として評判のようで単純に体質にあわなかっただけかもしれません。
茶色や白色のお湯になれてしまったせいか、どうも色がついていないと温泉と感じなくなっているようですから。
夕暮れ時を待って再び苗木城跡へ戻りましたが、狙い通り観光客は少なくなったので積み残しとなっていたカットをなんとか撮影。
撮影が終わる頃には誰も居なくなりましたが、それでも帰りがけに新しい観光客が姿を見せたので、やはり観光客は増えているみたいです。
目的の撮影は済みましたが、次の展開が思い浮かばないので、来週の行き先が決まりません。
行きたい場所はあるのですが、カットがつながらないと意味がないので悩ましいところです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

濁河温泉(林道) with Miku×Sasara 【2016.3.12】 

久しぶりに風邪を引きました。
歳をとると色んな所が弱くなっていただけませんが、ここ数年風邪を引かずにきていたので少しびっくりでした。
小さな子どもがいないので風邪を拾う確率が少なかっただけなのでしょうが、年老いた体にはここ最近の気温の変化がキツかったみたいです。
風邪を引いたときはゆっくり静養するのが一番なのですが、寝ていても良くなった経験がなかったので予定通り阿寺渓谷へ。
今ひっそりと楽しんでいる連作の撮影のためだったのですが、これが大失敗。
微熱のせいで少し足下が覚束なくなっていたこともあって、ぬかるんでいた地面に足を取られ派手に転んでしまいました。
転ぶだけならまだ良かったのですが、左手をついたのが不味かったようで、嫌な音をたてて手首をひねってしまいました。
折れてなさそうだったので、そのまま撮影を継続しましたが、時間が経つにつれて手首が痛くなり始め、構図を決めるのも難しくなってきたので予定よりも早めに撤収することにしました。
荷物を車に運ぶまではなんとかできましたが、手首が痛くて曲がらなくなっていたので、ひとまず近くのドラッグストアでサポーターと湿布を買って、その足で王滝の湯へ。
大事をとって家に帰るのがベストでしたが、折角長野に来たのだからと欲張ってしまいました。
無理を押して訪れた王滝の湯は、スキーも終盤のためか客も少なく、湯船をほぼ独り占めで楽しめましたが、湯に浸かっても痛みが引く気配もなく痛みが増すばかり。
後で調べて分かりましたが、どうも捻挫には温めるのは逆効果のようでした。
未だに痛みが引かないので、月曜日の仕事終わりに整形外科に行く予定ですが、野外撮影ができなくなると厄介なので、早めに治って欲しいところです。
無理をするのはやはり良くないと身をもって知ったので、今後は自重しなければなりませんが、野外撮影依存症に罹っているので、自制するのはなかなかに難しかったりします。
因果な趣味ですが、暇つぶしには最適なのでどうにも抜け出せません。
-- 続きを読む --