駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

七里御浜 with Yurisa 【2014.11.23】 

先週末の野外撮影で破損したカメラを修理に出すことにしました。
近くにサポートセンターがないので、宅配サービスを利用して引き取ってもらうことになりますが、修理にはそれなりに時間がかかるみたいなので、これで今週末の野外撮影は中止とあいなりました。
この2年の間、ほぼ毎週野外撮影に出かけていたので、久しぶりに撮影のない休みになりそうですが、やることがなくなるので少し退屈になりそうです。
毎週末野外撮影に出かけていたお陰か、最初期と比べると少しは見られる写真になった気がしますが、本質的には何も進歩していないので相変わらず残念な写真を量産しています。
センスが無いのがそもそもの原因ではありますが、やはり撮影意図をきちんと考えていないのが大きい気がします。
撮影の流れを考えると、撮りたい画があって、それが撮れそうな場所を探して、それにあう服を選び、現場で撮影するというのがオーソドックスというか基本だと思います。
が、我が撮影スタイルを振り返ると、行きたい場所がまず先にあって、着せたい服を適当に着せて、現場でぶっつけ本番で画を決めるという、いい加減というかあまりよろしくないやり方です。
上手ければこのやり方でも支障がないかもしれませんが、ポージングとかの引き出しがあまりない場合には、撮りたい画をきちんと詰めてないので今まで撮ってきた写真を参考にする他なく、必然的に似たり寄ったりな写真しかできないわけで、残念な写真しか撮れないのも当然といえば当然な有様です。
初めて訪れた場所で、ノープランで望んでも、すぐに良いアイデアが浮かぶわけもないですし。
それに加えて、もともとブログのネタとして野外撮影を始めたこともあり、作品作りという意識が希薄なのも一因としてあります。
写真については芸術というよりも、あくまで状況記録ツールというイメージが個人的には強かったりしますし。
とはいえ、似たような写真ばかりというのも我ながら面白くなく、紹介していても少し食傷気味だったりするので、新たな地平を切り開くため、ここは一つ作品作りへと方向を変えるべきなのかもしれません。
幸いというかなんというか、ネタのストックもまもなく尽き、今までのような頻度でブログ更新のはできませんから。
まあ、面倒くさくなって、今まで通りのスタイルに落ち着く可能性も高いのですが。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

付知峡(西股谷) with Yurisa 【2014.10.4】 

豊郷小学校旧校舎群へ野外撮影に行ってきました。
本当は付知峡へ行くつもりでしたが、朝起きたら雨足がそれなりに強くて、外での撮影は少し厳しいものがあったので諦めました。
無理を押して出かけても良かったのですが、川辺での撮影ということで、足下が悪い中での撮影となり、いつにも増して危険になるので、やめておくことにしたしだい。
代わりに向かった豊郷小学校旧校舎群ですが、講堂及び二階桟敷席をメインロケ地として撮影を楽しむ予定でしたが、明日のイベントの準備のために貸し切りとなっていて使えませんでした。
講堂での撮影を前提にしてミクの衣装を考えていたので、撮影の予定が大幅に狂ってしまいましたが、他に行くあてがあるわけでもなくやむなくいつもの北階段へ行き撮影を開始。
講堂こそ貸し切りで使えませんでしたが、観光客もほとんどおらず、撮影するにはなかなかに悪くない環境でした。
心配していた同好の士も帰り際に一人見かけたぐらいで、レイヤーとカメラマンのツーマンセルも全く姿を見ませんでした。
ただ、午後になると客足が伸びてきて、撮影途中に結構な頻度で観光客が姿を見せ、撮影するのもなかなかに大変になりました。
山奥での撮影が長かったせいで恥じらいが戻っていたので、観光客が来る度にドールを丁寧に隠しやり過ごしましたが、撮影テンポが狂って少しいただけませんでした。
開き直って撮影すれば良いのでしょうが、ガリガリと神経がすり減っていくので難しいところです。
今日撮ってきた写真は、新入りの紹介写真になるので、鮮度を優先し付知峡遠征の写真紹介が終了したら紹介していくことにします。

-- 続きを読む --

材木滝 with Yurisa 【2014.9.20】 

運悪く車のタイヤがパンクしてしまいました。
昨日の夕方に気づいたのですが、釘か何かを踏み抜いたのか空気が完全に抜けてしまっていて、それと分かるほどぺちゃんこになっていました。
それでも、低速走行したお陰かなんとかディーラーまで自走できましたが、いつ走れなくなるかわからずさすがに心臓に悪かったです。
スペアタイヤがあれば履き替えるだけで済んだのですが、最近の車はスペアタイヤではなくリペアキットになっていて、空気が抜けきった状態では使えない代物だったので、なんというか全くもって訳に立ちませんでした。
パンクしたのが市街地だったのでまだよかったのですが、これがダートが伸びる付知の山奥だったらと考えると少しぞっとします。
パンクしたタイヤは当然替えることになりましたが、他のタイヤも既にスリップサインが出ているとのことだったので、ついでに交換することにしました。
冬用タイヤに履き替えるまで使い続けるという選択肢もありましたが、雪が降るまでに長距離を乗り回す予定なので大事をとりました。
お金を惜しんで事故ったら何にもなりませんから。
買ってからまだ3年経っておらず、夏タイヤが潰れるのが早い気がしますが、野外撮影のせいか既に4万5千キロを越えているので、走行距離を考えるとやむを得ないのかもしれません。
ただ、限定DDが一体買える金額が飛んでしまったので、11月の名古屋アイドールへの参加は厳しくなりました。
無理をすれば出られなくもないのですが、今日ミクが届き、これからあと2体ドールがやって来ることを考えると、見合わせた方が無難な感じです。
もう少し甲斐性があればと思いますが、今さらな話です。
今日届いたミクは、暇を見て紹介していくつもりですが、ネタが詰まっている上に、撮りたい写真がまだ残っているので、お披露目は当分先になりそうな気がします。

-- 続きを読む --

久々子湖 with Yurisa 【2014.8.30】 

10キロ近い機材をショルダーバックに詰め込み山道を歩いたせいで肩を少し痛めてしまったので、VANGUARD カメラハーネス ICS Harness L メッシュ ブラックを注文しました。
本当は、山登りというか長い距離歩く時用にリュックサックタイプのカメラバックを新しく買うつもりでしたが、新しいカメラバックを買ってしまうと、せっかく高いお金を出して買った今のカメラバックが無駄になるので断念しました。
今回注文したハーネスはそれなりに良い値段がしますが、今使っているVANGUARD ショルダーバッグ The Heralder 17L PCスペース有 三脚脱着可能 ブラック The Heralder 38がリュックサック的に背負えるようになるギアで、新しく鞄を買うことなく今よりもずっと楽に機材が運べるようになる優れものです。
最初からバックに付けて売れよと思わないでもないですが、値段が上がってしまうので難しいのかもしれません。
週末までには届くので、今週末にリベンジする予定の材木滝で活躍してくれそうです。
それと、滝の周辺では高確率で足下が濡れていて、普通の靴では滑って動けないことがままあるので、ハーネスとあわせて安物の沢靴を注文してみました。
手持ちのウェーダーは水辺での撮影では抜群の働きをしてくれるのですが、持って歩くには嵩張りすぎていただけないので、少し遠くまで歩く必要がある時のために今回注文した沢靴を使うつもりです。
ドール撮影というより、滝を撮影するための機材を揃えている感じがしないでもないですが、滝での撮影が野外撮影の基本になっているのでやむを得ません。
どの程度使えるかは実戦投入してみないとわかりませんが、ハーネス共々使えるアイテムであることを期待したいです。

-- 続きを読む --

豊郷小学校旧校舎群(講堂) with Yurisa【2014.8.9】 

今週末は土曜日が残念な天気のようで、野外撮影するのなら日曜日がよさそうです。
島根遠征に備えしばらくの間は高速を使っての遠征を控えねばならず、当面は県内で適当にお茶を濁そうかなと思っていたので、日曜日にしか野外撮影ができなくともなんとかなりますが、翌日に仕事が控えているのであまり無茶ができないのが難ではあります。
今週末の撮影では、ドールで水遊びができるところをロケ地にしようかなと思っていますが、土曜日に雨が降ると水嵩が増す上に、漏れなく水が濁ってしまうので、水の中に付けてキャッキャウフフと遊ぶことは難しそうです。
今年の夏こそは水辺で戯れる写真を撮りたかったのですが、このままだとどうにも難しそうな感じで少しがっかりです。
とはいえ、まふゆを誤って川に落としたとき後始末が何気に面倒くさかったので、これでよかったのかもしれません。
おっちょこちょいというか粗忽者なので、ドールだけでなくカメラも水没させかねませんし。
最初から選択肢から除くのは得策ではないので、行き先は水遊びが楽しめそうな渓谷にして、様子を見て決めるつもりですが、日和っていつも通り陸の上での撮影になる気がしないでもないです。
水辺で撮影するかどうかは別にして、大枚叩いて買った望遠レンズを全く使っていないので、今週末の野外撮影では望遠レンズをメインに撮影するつもりです。
カメラバックの重りのまま腐っていきそうな勢いで、あまりにも勿体ないですから。
何にせよ晴れてくれないとどうにもならないので、今週末の天気が持ち堪えてくれることを祈るばかりです。

-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。