駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

付知峡(西股谷) with Kanna 【2014.11.3】 

RawTherapeeを導入して少し経ったので、少し感想を書いてみようかと思います。
まだまだ使いこなせていなかったりはしますが、Raw現像だけであればこれで必要十分かなというのが、使ってみての率直な意見です。
Lightroomのように部分補正こそできませんが、色調やら何やかんやをかなり細かく調整できるので、キャノン純正の現像ソフトよりも間違いなく性能は良いです。
とはいえ、問題がないわけではなく、無理に操作を急ぐと強制終了となってしまうのが一番の問題点です。
調整中に急にフリーズしたかと思うと強制終了してしまうことがままあり、正直少しイラつきます。
まあ、5年落ちの古いPCで走らせているので、色んな意味でやむを得ないのですが。
メモリもCPUも力不足が否めず、Lightroomをインストールすることすらできませんから。
画像の加工はできないので、そういった作業をしたいのであればこのソフトは全く役に立ちませんが、画像加工をしないのであれば必要十分なソフトだと思います。
無料ソフトでありながら、分厚い日本語マニュアルが無料で公開されているほか、操作系を日本語にできたりもしますし。
普通の外国製の無料ソフトだと、その辺のサポートが一切なくて、性能が良くても使えなかったりしますから。
ソフトの使い方は大体分かったので、後は自然な発色を再現できるようにするだけなのですが、これがなかなかに難しく、もう少し色々と現像してみないといけません。
今は作業の省力化を兼ねて、露光補正で自動露光補正をかけ、Lab調整で明度とコントラストを弄り、最後に自然な彩度で明清色トーンを調整して済ませていますが、この方法だと色味の調整が細かくできなかったりするので、やり方をもう少し見直す必要があります。
ただ、この方法でも写真選びから現像を仕上げるまでに小一時間ほどかかり、正直なところ結構面倒くさかったりするので、このやり方で固定してしまいそうな気がしないでもないです。
一番楽なやり方はJpeg撮って出しなのですが、現像で好みの色を出せることを知ってしまうと、もう元には戻れません。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

美女高原(初秋) with Kanna 【2014.10.11】 

週末の野外撮影の行き先を思案中。
予定通り紅葉も見納めとなるだろう川浦渓谷へ行くべきところなのですが、ここ最近同じ場所をぐるぐると回っていて、川浦渓谷も都合三度目の訪問となるので、正直少し食傷気味だったりします。
川浦渓谷は景色が綺麗な上に誰も来ないとあって、野外撮影を楽しむにはうってつけの場所なので、紅葉がピークを迎えた今の時期に行くべきなのですが、周囲に何もなさ過ぎるのがどうにもネックです。
野外撮影だけではつまらないので、遠征した時には名物を食べたり、道中の何気ない場所で車を停めて景色を楽しんだりと、撮影の合間に小さな楽しみを挟んでいたりするのですが、川浦渓谷へ行く道中にあるのは山だけという有様で、どうにもつまらなくていただけません。
その代わり、今気になっているのが長野県にある柿其渓谷です。
柿其渓谷は阿寺渓谷のお隣にあり、コバルトブルーの水面も美しく、今が紅葉のピークのようでもあるので、かなり心動かされています。
長野には8月の終わりに行ったきりすっかりとご無沙汰していて、高速を使って久しぶりに遠出してみたかったりしますし。
眺めだけでいえば、川浦渓谷も柿其渓谷もあまり変わらない感じなのですが、新規開拓をしたかったりして悩ましいところです。
気分転換を兼ねて柿其渓谷にすべきかなと思いますが、もう少し悩んでみることにします。

-- 続きを読む --

矢納ヶ淵(水辺の森) with Kanna 【2014.9.23】 

木々が色づき始め、ようやく秋らしい雰囲気になってきました。
本格的な紅葉シーズンは11月に入ってからになると思われ、これからの野外撮影も楽しみなところですが、それよりも問題なのが今週末の野外撮影。
ネット情報だと付知峡の紅葉はまだまだこれかららしく、出かけるのには少し早い感じですが、目的の場所は付知峡の奥なので、低地よりも早く紅葉が始まっている気もします。
空振りに終わると骨折り損の草臥れ儲けに終わるので、出かけるべきかどうか悩ましいところです。
それならば、付知峡へ行くのは止め、本格的な紅葉シーズンを前に、川浦渓谷にロケハンに行くのも悪くないかなとも思ったりします。
川浦渓谷も紅葉はこれからのようで、訪れるには少し早いようですが、付知峡と違ってロケハンが済んでおらず、見頃を迎える前に良い場所を見つけておかねばなりませんから。
それに、川浦渓谷であれば、付知峡よりも心持ち近く、移動が楽だったりしますし。
長野の方は既に紅葉真っ盛りのようなので、いっそうのこと長野に遠征するのも手なのですが、無駄遣いが響いて高速道路はしばらく使えないので、長野の紅葉は諦めざるをえません。
まあ、長野は首都圏から流れてくる客が多そうで、紅葉のハイシーズンにはとても野外撮影できない気もしますが。
もう少し考える必要がありますが、お手軽に済ませようと思うと、やはり川浦渓谷かなと思います。
我ながら優柔不断ですが、野外撮影は結構労力がかかるので、なるべく無駄にしたくないので悩んでしまいます。
-- 続きを読む --

旧鎌掛小学校(教室) with Kanna 【2014.8.24】 

EOS7DMk2が正式リリースされたようです。
キャノンの公式HPを見てみましたが、思いの外高性能で、さすがはAPS-Cのフラグシップ機だけはあります。
ただ、モニターが事前にリークされていた情報のとおりバリアングルではなく、これにはがっかりでした。
構造的に弱点を抱えることになるのでこのへんはやむを得ないのかもしれませんが、ローアングルでの撮影がメインなのでかなり残念です。
買い替える対象としては十分満足のゆく性能なのですが、画については今のEOS50Dのレベルで十分満足しているので、いくら絵が綺麗になるとはいえバリアングルモニタではないこともあって買い替えようという気持ちが少し弱くなってしまいました。
それなりに手頃な値段であれば飛びついていたかもしれませんが、ボディだけで20万円弱と、先に発売されたバリアングルモニタを有したEOS70Dのほぼ倍の値段とあっては、さすがに即決で買うには躊躇われます。
買おうと思えば買うことができなくもないのですが、ドールを3体も買ってカメラも買うとなると、この冬だけで40万近く飛ぶので、さすがに今回は見送らざるを得ません。
まあ、初期ロットはニコンの例にあるように欠陥が見つかる可能性が高いので、不具合が出きった頃に買った方が幸せに慣れるかもしれませんが。
とはいえ、EOS50Dもいい加減草臥れてきたので、消費税が増税される前には新しいカメラに買い替えたいところではあります。
ひとまずは、EOS7DMk2を買う前提でお金を貯めていこうかなと思います。
-- 続きを読む --

マイアミあやめ浜園地 with Kanna 【2014.8.2】 

雨を押して野外撮影に出かけましたが、予想通りというか何というか惨敗。
今日はどこもかしこも雨マークで遠出するのもリスキーだったので、人が来なさそうな揖斐川町の山奥へ出かけてみたのですが、山奥だけあって平地と天候が全然違い、前が見えないほどの雨が降ってきたりして散々な有様でした。
半分はこうなるんじゃないかと予想はしていたので、目的を野外撮影からロケハンへと切り替えましたが、土砂降りの雨の中でのロケハンというのはかなり萎えるもので、途中で嫌になってしまい撤退してしまいました。
今日ロケした場所は、せっかくなのでいずれ使ってみようかなと思っていますが、このまま使わずに終わりそうな可能性も無きにしも非ずです。
ここ最近の雨で、長野方面に行けていないので、そちらを先に消化しておきたいところですし。
ロケハンも午前中で終わってしまい、昼からやることがなくなったので、9月に控えている島根遠征のロケ地をネットで探してみましたが、なかなか良さそうな場所が見つからず四苦八苦。
高知がそうであったように島根も道路網が貧弱で、移動時間を考えると松江と出雲周辺に絞らねばならないのですが、この辺りは観光客もそれなりに多くいて、ドール撮影ができそうな場所となるとどうしても限られてしまいますから。
結局、絞りきれず持ち越しとなりましたが、せっかくなので島根だけでなく鳥取にも行こうかなと思ったりしています。
鳥取にはあまり良い思い出がないのであれですが、田舎だけあって景色は綺麗な場所なので。
ただ、メインとして考えていた鳥取砂丘は、機材を持ち込んだ撮影は許可制らしく、少し億劫だなと思ったりもして予定は未定です。
雨が降れば全てがご破算になってしまうので、9月の遠征のときには綺麗に晴れて欲しいところですが、山陰という名前だけあってすぐに曇り空になるので、望み薄のような気がしないでもないです。

-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。