駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第29回目 豊岡駅 

一番クジプレミアム 劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ギラサマアンコール」を近所のコンビニで発見。
一番くじはもう買うまいと決めていましたが、ちょうど良い具合にD賞の「娘娘中華皿」とE賞の「でふぉめか」、それからF賞の「プレミアアートグラス」の三つだけがポツンと残ってたので、禁を破って一枚だけ引いてみました。
が、この期に及んでなお相変わらずのくじ運の悪さを発揮。
前回の一番クジでも引いた中華皿をまた引き当て、お目当てのF賞のアートグラスは手に入らずじまい。
自分の引きの弱さをつくづくと実感。
残った二枚を引けば必ず当たるのですが、さすがに原価が五百円もしないようなものに二千円近いお金を払う気にもならず断念。
くじ系はやはりというか何というか、すこぶる相性が悪いようです。
一番くじは鬼門だということがこれではっきりしたので、ひとまず一番くじからは綺麗さっぱりと足を洗う覚悟ができました。
この分だといくら引き続けても、良い物なんてどう頑張っても出そうになく、お金を無駄にするだけなのは目に見えてますから。
でも、くじ運が強ければなとつくづく思います。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は丹波三江駅の次の駅であり、北近畿タンゴ鉄道宮津線の終着駅となる「豊岡駅」を紹介していきます。
最初に駅舎を紹介。

豊岡駅駅舎

駅舎はJR豊岡駅の敷地内に独立して建てられてましたが、端っこの方に追いやられていて、なかなかにわかりにくく、冷遇されてる感じが否めません。
近づくとこんな感じ。

豊岡駅駅舎近景

北近畿タンゴ鉄道宮津線の特徴ともいえるデザイナーズ駅舎ではなく、シンプルというか簡素というか、終着駅にしてはひどく大人しめなものでした。
もう少しきちんとした駅舎が望ましいところですが、JRとの接続の関係であんまり大きな駅舎が建てられなかったのかもしれません。
まあ、駅舎すらなかった西舞鶴駅と比べれば、自前の駅舎があるだけまだ良いのかもしれませんが。
駅舎の中はこんな感じ。

豊岡駅駅舎内

駅舎同様、中もいたってシンプルです。
行き先票がLED式ではなく、西舞鶴駅のそれと同じく手差し式の物で、ここは高ポイントです。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

豊岡駅ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

豊岡駅ホーム豊岡方面

1面1線の単式ホームですが、隣には側線が設けられ車両を留置できるようになってます。
また、ホームの形状も少し変わっていて、終点側で線路が合流しているせいで、駅舎側というか終点側は扇を広げるように広がっています。
終点で側線と本線とが合流している理由については不明ですが、おそらく本線の車両を側線へ移動させるためにこうしているものと思われます。
豊岡駅は、始発駅となる西舞鶴駅と同じくJRと接続していることから、ホームはJRのものと背中合わせになっていて、背の低い柵で仕切られているだけでした。
この仕切りの柵は途中で途切れてしまっているので、なんとなればJRのホームからそのまま入れるようになってます。
ただ、柵を回っていくのは結構骨ですが。
側線に留置されてた車両をついでに紹介。

豊岡駅タンゴ・ディスカバリー

特急車両のタンゴ・ディスカバリーで、間近で見てもなかなかに悪くない車両です。
最後の〆として駅名表示札を紹介。

豊岡駅駅名表示札

デザイン自体は北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるものでしたが、終着駅であることを示すように先の表示がなく、少し新鮮な感じです。

これで北近畿タンゴ鉄道宮津線は終わりとなりますが、この路線は変わったデザインの駅舎と無駄に長いホームが特徴かと思います。
特にローカル線らしからぬ長いホームは、正直歩き回るにはかなりしんどく、数をこなしていく間にいい加減疲れてきて嫌になってきます。
まあ、無理せず半分ずつ回っておけばそれほど疲れなかったのかもしれませんが。
また、この路線は良い意味でも悪い意味でも駅舎が他の路線のそれよりも目立つ物が多かったので、駅舎を見て歩くだけでもそこそこ楽しめる路線でもあります。
楽しみ方は人それぞれなのであれですが、駅数が多いことに加え、ほとんどの駅に駅舎があるなので、一度どんなものなのか見に訪れてみるのも悪くない路線かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回からは北近畿タンゴ鉄道宮福線を紹介していきます。
スポンサーサイト

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第28回目 丹波三江駅(コウノトリの郷駅) 

デジカメフィギュア撮影術」(コトブキヤ刊)を購入。
ライティングの専門書を買ったもののフィギュア撮影になかなか上手く応用できず、四苦八苦してたところだったので、楽して良い写真を撮るべく本書に飛びついてみたしだい。
一通り読んでみましたが、初心者向けの入門書としてみれば秀逸なできあがりで、これから撮影してみようとする人にはお勧めな感じに仕上がっていました。
写真撮影の指南書といえば、風景とかポートレート、あるいは鉄道写真なんかがメインで、フィギュアを主題として扱った物はこれまでなかったので、フィギュアに特化した本書の構成は初心者にとってはわかりやすく、実際にフィギュア撮影を行う上ではなかなかためになるかと思います。
ただ、記載されてる技術自体は、他の写真撮影技術書に記載されてるものとそれほど差がなく、写真をそこそこ撮ってる人間からすれば少し物足りない感じも否めません。
フィギュア撮影術と銘打ってるので、個人的にはもう少しフィギュア撮影用のテクニック、特にライティングの技術について、撮影例を通して個別具体的に解説してもらえればもっと良くなったような気がします。
とはいえ、レンズとフィギュアの目線の高さを揃えて撮影するのが基本という目から鱗な記載があり、これを知ることができただけでも買った甲斐はありました。
今までライティングでいかに無駄な影を飛ばすかしか頭になく、フィギュアの視線なんか気にもしていなかったので。
入門書としてまずこれを読み、より専門的なテクニックが知りたくなったら今度はポートレートや商品撮影のマニュアルを買って読むというのが一番無駄がない気がします。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は久美浜駅の次の駅となる「丹波三江駅」を紹介していきます。
最初に駅舎を紹介。

丹波三江駅

駅舎は国鉄時代のものがそのまま残されているようで、古びていてなかなかに味わいのあるものでした。
訪れた時は絶賛工事中で、駅舎改修工事という看板が立っていたので、もしかしたら今ではすっかり変わり果てた姿になっているやもしれません。
個人的にはこのまま残しておいた方が良いような気がしますが、駅舎の前に立てられた真新しい石柱を見るに、小綺麗な駅舎にしたいという思いがプンプンと漂ってきて危うい感じです。
駅舎の中はこんな感じ。

丹波三江駅駅舎内

無人駅と言うことで装飾らしい装飾はほとんどなく、がらんとしていて少し寂しい感じです。
ただ、訪れる人はそれなりにいるようで、待合室の奥、改札付近の壁には駅ノートが掛かっていました。
ホームから眺めた駅舎がこちら。

丹波三江駅ホームから駅舎を眺める

ホームが駅舎よりも随分と高い位置にあるので、その高低差を埋めるために緩やかなスロープが弧を描き改札口からホームへと伸びていました。
スロープの舗装は最近敷き直されたようで、まだ真新しいものでした。
このため、もしかしたらこのスロープは最近になって付け足されたものかもしれませんが、このへんの事情は不明。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

丹波三江駅ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

丹波三江駅ホーム豊岡方面

1面1線の単式ホームで、ホームには柵もなく斜面とそのまま繋がってました。
そのせいか、圧迫感もなく開放的な印象で悪くありません。
ホームの際に植えられた針葉樹の並木も良い具合にホームを彩っています。
訪れた時期が冬と言うこともあり、落葉した木々なんかが目立ち、うら寂しい雰囲気がそこはかとなく漂っていましたが、夏であれば緑も濃くそこそこ見栄えする感じです。
ホーム上に待合所があったのでこちらも紹介。

丹波三江駅待合所

サッシこそアルミ製のものになってしまっていますが、良い具合に朽ちた木造のものです。
こちらも駅舎同様に国鉄時代の遺構と思われます。
形状こそ長方形とシンプルですが、壁や庇は今時珍しい木製のもので、全体的な雰囲気はなかなかに悪くありません。
最後に駅名表示札を紹介。

丹波三江駅駅名表示札

形式は北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるもので目新しくありませんが、本来の駅名を押しのけ愛称がメインになってしまってます。
観光客誘致のための策かと思われますが、やはり正式名称の方を大きく書くべきで、ちょっといただけません。

この駅は、北近畿タンゴ鉄道宮津線になる前の姿をそのまま残している感じで、往時が偲ばれ悪くない駅でした。
駅舎もホームの待合所も木造の古寂びた物で、周囲を取り囲む木々と相まってなかなかに味わいがあり、見ていて飽きることがありません。
一つ気がかりなのは、改修工事でどの程度駅舎なんかに手が入れられたのかということ。
折角良い味を出してる駅なので、このまま残して置いて欲しいところですが、残念な感じに生まれ変わってしまってる可能性も大で少し気がかりです。

ということで、今日はここまで。
次回は終着駅となる「豊岡駅」を紹介していきます。

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第27回目 久美浜駅~後編~ 

コンテナコレクションのシークレットで検索して来られる方がそこそこいらっしゃったので、とりあえずコンデジでやっつけで撮った写真をアップしときます。

コンテナコレクションvol.3シークレット40フィート

40フィートコンテナのシクレはこんな感じ。
自分ところで売ってるフィギュアの広告をプリントしたもので、色んな意味でどうよといった気がする一品です。
イベントとかでタダで配る物なら問題ないですが、自社製品の広告をプリントしたものをシークレット扱いで売るのはちといただけません。
隠れキャラだったら有り難みが増したのですが、これではいかにもアレで、少しがっかりしました。
手元にあるのはこの40フィートのみで、10フィートのはないのでどんなのか不明ですが、これを見る限り似たような感じなのかもしれません。
まあ、ある意味で商売上手ともいえますが。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
昨日に引き続き久美浜駅となりますが、今日は2番線・3番線ホームを紹介していきます。
最初に、1番線と2番線・3番線ホームを結ぶ跨線橋を紹介。

久美浜駅跨線橋

1番線ホームと2番線・3番線ホームとでは入口の向きが逆になってました。
通常はコの字型というか同じ向きに入口が並ぶ格好が多いので、ちょっと変わった感じです。
スペース的にはコの字型でも問題ない広さがあり、この格好にする理由もないような気がしますが、色んな大人の事情があったのかもしれません。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

久美浜駅2番線・3番線ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

久美浜駅2番線・3番線ホーム豊岡方面

このホームは、両端とも2番線ホームの方が3番線ホームよりも長く伸びていて、切り欠き形になってました。
長く延びた端はいずれも後付けで増設したものらしく、コンクリートの板を桁にのっけただけのシンプルというか味わいも何もない代物です。
この造りから見てメインは2番線ホームと思われますが、3番線ホームも一応使われているようで、レールの表面は銀色に鈍く輝いていました。
こちらのホームから駅舎を見るとこんな感じ。

久美浜駅駅舎裏手

駅舎が大きいせいか、いつもなら邪魔物となる庇もたいして気にならず、黒光りする瓦屋根がなかなか迫力がありました。
こちら側から見るとお寺の本堂に見えなくもない感じですが、それはそれで悪くありません。
このホームの〆として駅名表示札を紹介。

久美浜駅2番線・3番線ホーム駅名表示札

西舞鶴方面の端の方にある待合所に掲げられたもので、今までの物と趣を異にしますが、個人的にはこちらの方がシンプルで好みです。
特に手書きらしい行き先を記載した駅名が味があり良い感じです。
北近畿タンゴ鉄道でデフォとなる駅名表示札も別個ありましたが、撮影していなかったのでこちらは割愛。
ちなみに、この駅の豊岡方面の端っこに車両庫があったので、ついでに紹介しときます。

久美浜駅車両庫

車両庫に眠っていたのは除雪車で、見慣れたタイプの物で、後部にはロータリー除雪装置が装備されてるものと思われます。
この路線は日本海側にあると言うことで、この除雪車も冬には大活躍しそうな感じです。

この駅は何よりも駅舎が立派でかなり良かったです。
駅に比べて立派すぎるきらいもありますが、大は小を兼ねるということで目を瞑れる範囲です。
駅舎以外はどうかと問われれば少し微妙なところもありますが、車両庫や待合所なんかも備えられていて、北近畿タンゴ鉄道宮津線の他の駅と比べても見劣りはしません。
ただ、待合所がいかにも素っ気なかったので、丹後由良駅にあったようなものであればなお良かったところです。
ともあれ、駅舎は一見の価値はあるかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「丹波三江駅」を紹介していきます。

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第26回目 久美浜駅~前編~ 

鉄道むすめコンテナコレクションvol.3」が発売されたようで、模型屋から取りに来いやとのメールが送られてきたので、しぶしぶ引き取りに行ってきました。
予約したときはvol.2の余韻醒めやらぬ時で、半ば熱に浮かされた状態で楽しみにしてましたが、今やその熱もすっかり冷めてしまい最早いらない子。
予約時に前払いしてたらゴミが増えたとまだ諦めもつきますが、商品を引き取るときに精算しなければならないので気がすすまないったらありゃしません。
引き取らずにこのまま放置しようかとよからぬことも考えましたが、キャンセルしたら絶縁じゃボケとメールに書かれてたのですぐに断念。
鉄道模型に関しては割引率が良く、送料や振り込み手数料なんかを考えるとネットよりも安く手に入るので、たかだか4千円程度の商品のために絶縁状を突きつけられるのは得策ではないと判断したしだい。
予約してた商品を引き取った後、冷やかし半分でぶらりと鉄道コーナーを見てたら、鉄道娘コンテナコレクション収納ケースが売られてるのを発見。
2千円弱とヲタクの足下を見た値段設定でしたが、手持ちのコンテナの保管に困ってたので、これも何かの縁ということでついでに2個購入。
家に帰ってひとまず全部開けてみましたが、12フィートコンテナのノーマル6種に40フィートコンテナのノーマル5種とシークレット1種という成果。
シークレットは正直微妙なものでしたが、まずますの成果です。
どうもこのコンテナコレクションは、1箱の中でキャラがダブらないように封入されているみたいで、一個一個ちまちまと摘んでいくよりも箱買いをした方が得策のようです。
まあ、コンテナコレクションはこれで打ち止めにするつもりなので、今さらどうだって良いことなんですが。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は甲山駅の次の駅となる「久美浜駅」を紹介していきます。
この駅には駅舎があったので、最初に駅舎を紹介。

久美浜駅駅舎

純和風のかなり立派なものでした。
木津温泉駅のそれと通ずるものがありますが、こちらの方が威風堂々とした佇まいで、黒瓦が鱗のようにびっしりと屋根に葺かれた様はなかなかに圧巻です。
駅舎の横手に設置された看板によれば、この駅舎は明治三年に建築された久美浜県庁舎正面玄関棟を再現したものとのことなので、この駅が持つ独特な風格も納得できます。
今のデザイナーのデザインでは、これほど重厚な雰囲気はなかなか出ませんから。
駅舎の中がこちら。

久美浜駅駅舎改札口

外観の重厚さと裏腹に、駅舎の中はかなりシンプルなものでした。
内装が和風でまとめられていたのは好印象でしたが、天井につり下がってる照明器具が天井扇付きの洋風な物というのが少し残念な感じです。
ここは和風な照明器具を採用して欲しかったところです。
続いて、ホームの紹介をしていきます。
この駅は複線だったので、今日は1番線ホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

久美浜駅1番線ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

久美浜駅1番線ホーム豊岡方面

西舞鶴方面の写真からもわかりますが、この駅は単式ホームと島式ホームからなる2面3線のものでした。
相変わらず互い違いの構造となっていて、豊岡方面の端が2番線・3番線ホームよりも長く伸びています。
ホームの両端は後から増設したらしく、コンクリートの板が味も素っ気もなく敷かれていて、見た目的には少しマイナスな感じです。
このホームの最後の〆として駅名表示札を紹介。

久美浜駅1番線ホーム豊岡方面

北近畿タンゴ鉄道でデフォとなるもので代わり映えはしません。

ということで、今日はここまで。
次回は2番線・3番線ホームを紹介していきます。

駅舎訪問 北近畿タンゴ鉄道宮津線編第25回目 甲山駅 

figma ペルソナ3フェス メティス」と「figma ペルソナ3 アイギス」の予約受け付けが開始されました。
figmaは関節の造形がどうも好きになれず、これまで一切手を出してきませんでしたが、マックスファクトリーのブログでたまたま見かけたメティスの造形の素晴らしさに一目惚れし、あみあみでアナウンスが開始されたのを見て速攻で予約。
そのついでに、気になりながらも前回購入を見送ってしまったアイギスも一緒にカートに放り込んで、二体とも無事回収に成功。
アイギスはペルソナ3をプレイして以来虜になってたキャラで、購入を見送ったことをずっと後悔してたので、今回の再販で拾うことができよかったです。
figmaは買ったことがなかったので、その値段については詳しく知りませんでしたが、一体あたりだいたい二千円から三千円程度のようで、スケール・フィギュアに慣れた身にはかなりお得な感じがしました。
まあ、その分サイズが小さいので、あれですが。
昨日衝動買いした地雷臭漂うフィギュアと違って、初figmaということもあり届くのが楽しみです。
11月の発売ということなので、届いたらレビュー記事をアップしていきます。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日紹介するのは丹後神野駅の次の駅となる「甲山駅」です。
甲山駅は、北近畿タンゴ鉄道宮津線で初めてとなる駅舎のない駅だったので、駅舎代わりに駅の入口を紹介。

甲山駅入口

周りに生い茂る鬱蒼とした木々が目を惹き、ある意味新鮮でなかなかに悪くありません。
変なデザインの駅舎を造るぐらいなら、野趣あふれるこちらの方がまだマシな気がします。
駅の入口は、正式には待合所らしい建物があるところと思われますが、その手前にある隙間からもホームに入れるようになってます。
この隙間は非正規なものと思われますが、乗降客が頻繁に利用しているようで、けっこうしっかりと踏み固められてました。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、西舞鶴方面。

甲山駅ホーム西舞鶴方面

次に、豊岡方面。

甲山駅ホーム豊岡方面

こちらは1面1線の単式ホームで、西舞鶴方面の端が若干カーブしてます。
訪れた時期が冬ということで枯れ草なんかが目立ちますが、今時分の季節であれば木々が葉を茂らせ、むせ返るような森の香りがあたりを覆ってることと思われます。
ホーム上の待合所がこちら。

甲山駅待合所

駅の入口付近に設けられてて、半分駅舎代わりになってる感じですが、最近建て替えられたばかりのようで、コンクリートブロックもまだ真新しく、床も綺麗なものです。
前面はオープン構造ですが、天露を凌ぐのには問題なさそうで、利用者にとっては使い勝手がよさそうな感じです。
ただ、趣も何もなく、個人的にはかなりがっかりな待合所です。
他の駅にあるような待合所であれば見栄えもずっと良くなったのにと思わないでもないです。
最後の〆に駅名表示札を紹介。

甲山駅駅名表示札

少し傷んでますが、デフォとなるデザインのものです。

この駅は、駅舎がありませんでしたが、それゆえ新鮮に感じられて、なかなかに悪くなかったです。
駅舎のない駅がゴロゴロしてる路線であれば、それほど印象にも残らないかと思いますが、色んな意味で個性的な駅舎が犇めく路線なので、このシンプルさが印象を良いものにした感じです。
個人的には、待合所が木造の古びたものであれば文句のない駅でした。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「久美浜駅」を紹介していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。